MTR16

18才以上この製品は【対象年令 18才以上用】です。18才未満の方は使用・購入ができません。

あらゆる状況に対応する、マルチタクティカルライフル

MTR16 メーカー希望小売価格:¥69,800(税別)
【ガスブローバック マシンガン/対象年令18才以上】

ガスブローバック マシンガンシリーズに、M4の民間モデルをイメージした東京マルイ オリジナルM4カスタムが登場!
剛性を確保し徹底的な肉抜きによる軽量化、各種オプションパーツに対応する拡張性、利き腕を選ばない操作性、構え方の変化に対応する柔軟性など、あらゆる状況に対応できるポテンシャルを備えた万能型タクティカルライフルとなっています。

後方部分
拡大ボタン
※クリックで画像を拡大表示
  • 製品画像1
  • 製品画像2
  • 製品画像3
  • 製品画像4
  • 製品画像5
  • 製品画像6

《主な特徴》

  • 強烈なブローバックを実現:直径約19mmの大型ピストンを採用したブローバックエンジンを搭載。発射に連動してボルトも作動し、かつてないほど強烈なリコイルショックが楽しめます。
  • 高い耐久性を実現:ボルトキャッチの磨耗・破損を防ぐ新機構Z-システム、ボルト作動による内部パーツへの負担を軽減するピストン・アブソーバーやフリクション・レリーフ・ボルトローラー、反動による緩みを防止して常にバレルのセンターを出すバレルクランプ機構など、強烈なリコイルショックへの耐久性を向上しています。
  • リアルな可動ギミック:チャージングハンドル操作による初弾の装填や、ボルトオープンとマガジンチェンジ後のボルトキャッチ操作など、本物同様の機能を忠実に再現しています。また、本物に近い形でフィールドストリッピング(メンテナンスのための通常分解)が行なえます。
  • M-LOKレイルシステム:剛性が高いアルミ切削ハンドガードに、最新のレイルシステム「M-LOK(エム-ロック)」を採用。必要な部分にだけレイルを増設可能なハンドガードはスリムで扱いやすく、肉抜きによる軽量化もされています。幅20mm(ピカティニー規格)のM-LOKレイルは3スロット、5スロット、7スロットの3種類が各1枚付属。付属の六角レンチで簡単に脱着可能です。
  • 16インチのライトウェイト・バレル:民間モデルに由来する16インチ仕様のアウターバレルは、ステンレスをイメージしたシルバーカラーを採用。ツイスト状の肉抜きとアルミ素材採用により、極限まで軽量化しています。また、銃口のコンペンセイターを取り外せば、サイレンサーなど14mm逆ネジ仕様のマズルオプションを取り付けることができます。
  • 好みや状況に応じる操作性:チャージングハンドルをはじめ、各種操作レバーは左右どちらからでもアクセスできるアンビ仕様となっているほか、大型化によってグローブをした手でも確実な操作が可能です。ストックは、後端下部のエクステンションを前後反転させることで、身体に密着するコンケイブ(凹)型と銃口を上下に動かしやすいコンベックス(凸)型が選択でき、6段階の伸縮調整にも対応。グリップはストックを短くしても握りやすいバーティカル(垂直)デザインを採用しています。
  • 光学サイト搭載対応モデル:フロント/リアサイトを排し、スコープやドットサイトなどの各種光学サイト搭載を前提にしたモデルです。※光学サイトは別途お買い求めください。
  • アルミダイカスト製ショートマガジン:装弾数20発、アルミダイカスト製のマガジンは熱伝導率が高く、ガス注入後の冷えを温めやすくなっています。
  • 基本情報
  • ストーリー
  • ■可変ホップアップシステム 搭載
    ■フルオート(連発)/ セミオート(単発)切替式

    全長837 mm / 919 mm(ストック最大伸長時)
    銃身長250 mm
    重量2,676 g(空のマガジンを装着した場合)
    弾丸6mm BB(0.2〜0.25g)
    動力源専用ガス(※1)
    装弾数20 + 1発(1発は本体に装填した場合)
    型名MTR16
    種類アサルトライフル
    • ※1:専用の「ガンパワーHFC134aガス」または「ノンフロン・ガンパワー」をご使用ください。
  • コルトM4A1カービンは、アメリカ軍特殊部隊専用のモデルとして開発されました。CQB(=近接戦闘)において突出した性能をほこるため、近年では空挺師団や海兵隊などに属する兵士にも大量に支給されており、アメリカ軍を代用する自動小銃へと急成長しています。
    1990年代後半には、ハンドガードの4面をマウントレイル化したナイツ社のR.I.S.(=レイル・インターフェイスシステム)が登場。これを期に光学機器やサイレンサー、フラッシュライトなどの新型モデルも続々と導入されています。また、バレルに取り付け可能なグレネードランチャーも用意され、作戦の内容ごとにこれらのアクセサリーを選択・装着することで、ベースの銃を変更せずに様々な状況に対応が可能となりました。
    M4A1がアフガン、イラクにおいて活躍したこともあり、レイルを配した小型で軽量なカービン
    銃を基盤に各種オプションパーツを取り付ける「モジュラーウェポンシステム」は各国でも採用されるところとなりました。軍用銃のシステマチックな運用に成功したM4A1は、銃の歴史に名をとどめる大きな功績を残したのです。

※製品の仕様や価格は予告なく変更する場合があります。
※掲載している画像は、実際の製品と一部異なる場合があります。

このページの先頭へ