HK416 デルタカスタム

18才以上この製品は【対象年令 18才以上用】です。18才未満の方は使用・購入ができません。

デルタ・フォースによる、HK416カスタムモデル

HK416 デルタカスタム メーカー希望小売価格:¥69,800(税別)
【次世代電動ガン/対象年令18才以上】

存在が確認されているものの、多くがいまだナゾに包まれている特殊部隊デルタ・フォース。
東京マルイでは独自の情報網を駆使し、彼らが使用しているHK416のカスタムモデルを、次世代電動ガン「HK416 デルタカスタム」として再現しました。
特徴的でスリムなガイズリータイプのレイルハンドガードや、色調の異なるタンカラー5色のカラーリングをはじめ、得られたわずかな資料を徹底的に分析することで、細部にわたって再現性を高めています。

後方部分
拡大ボタン
※クリックで画像を拡大表示
  • 製品画像1
  • 製品画像2
  • 製品画像3
  • 製品画像4
  • 製品画像5
  • 製品画像6

《主な特徴》

  • シュート&リコイルエンジン搭載:トリガーを引くことで発射と同時にボルトを模したウェイトが作動し、さらに本体内部で発生した強烈な反動が全身に伝わります。また、マガジンが空になると発射作動がストップするオートストップシステムを採用。作動や操作性のリアリティを追求したモデルとなっています。
  • スーパーモジュラーレイル(SMR)HKタイプ:ハンドガードは、レイル脱着式のSMR HKタイプを採用。レイルの設置を必要最小限にすることで、ハンドガード部のスリム化や軽量化を実現しています。アディショナルレイルはロング1枚とショート2枚の計3枚が付属。また、本物を採寸することでディテールの再現性も高めています。
  • 5色のタンカラー:本物同様に、各部に施されたタンカラーの色調の違いを再現。金属製のハンドガードは、耐擦過性に優れたアルマイト処理によって色を再現しています。
  • 各種ギミックの再現:左右どちらの手でも操作できるアンビセレクターや、トリガーガードの開閉機能など、HK416Dならではのギミックをデルタカスタムにも反映。また、クレーンタイプ・ストックは長さを6段階に調整可能です。
  • 抜群の剛性を実現:レシーバーやアウターバレル、バッファーチューブ、フラッシュハイダーなど様々なパーツに金属素材を採用。ハンドガードがバレルに干渉しないフルフローティング・バレルを採用しながら、ゲームユースにも安心の剛性を実現しています。
  • 可倒式のバックアップ・サイト:上下調整が可能なフロントサイト、上下左右に調整可能なリアサイトは、光学サイトの使用を考慮した可倒式となっています。また、マウントレイルを介して装着されているため、取り付け位置の変更や脱着も可能です。
  • 各種マズルオプションに対応:銃口のフラッシュハイダーを取り外せば、サイレンサーなど14mm逆ネジ仕様のマズルオプションを取り付けることができます。
  • スチールプレス製マガジン:装弾数82発、ホンモノ同様のスチールプレス製アウターケースを採用したマガジンが付属します。※電動ガン スタンダードタイプとはマガジンの互換性がありません。
  • 基本情報
  • ストーリー
  • ■シュート&リコイルエンジン搭載
    ■オートストップシステム 搭載
    ■可変ホップアップシステム 搭載
    ■フルオート(連発)/ セミオート(単発)切替え式

    全長711 mm / 787 mm(ストック伸長時)
    銃身長275 mm
    重量3,365 g(アディショナルレイルx3、空マガジン、バッテリー含む)
    弾丸6mm BB(0.2〜0.28g)
    動力源SOPMODバッテリー(※1)
    装弾数82 発
    型名HK416 DELTA CUSTOM
    種類アサルトライフル
    • ※1:バッテリーは、「8.4Vニッケル水素1300mAh SOPMODバッテリー」をご使用ください。
  • アメリカ軍がベトナム戦争時に採用したコルト社のM16シリーズや、その発展型であるM4カービンは、リュングマン・システムという独自の作動システムを採用しています。しかしパーツが少なく軽量という長所がある一方で、このシステム自体の信頼性はたびたび疑問視されてきました。
    2002年、ドイツの名門銃器メーカーH&K社はコルトM4カービンの問題点を徹底的に調査し、M4改修プロジェクトをスタート。作動システムや各パーツの品質など全面的に見直すことで、信頼性や耐久性、安全面を改良したH&K版M4「HK416D」が誕生しました。
    現在ノルウェーやフランスがHK416Dの採用を決定している他(日本の海上自衛隊も試験購入したと噂されています)、アメリカ軍の一部特殊部隊では、HK416Dの機関部であるアッパーレシーバーをコルトM4に組み込んで使用する姿を確認することができます。

※製品の仕様や価格は予告なく変更する場合があります。
※掲載している画像は、実際の製品と一部異なる場合があります。

このページの先頭へ