バッテリーの取扱について 電動ガンで使用する「ニカドバッテリー」と「ニッケル水素バッテリー」について説明しています。

ご使用前に、バッテリーの種類を確認しましょう。バッテリーの表示と選び方

乾電池に「マンガン電池」や「アルカリ電池」があるように、バッテリーにもいくつかの種類があります。それぞれ使用方法が異なるので、十分な注意が必要です。
バッテリーは乾電池に比べてパワーや容量が大きいぶん、取扱いを誤ると電池の発熱、発火、破裂などの可能性があり、重大な事故の原因となる場合がありますので、十分ご注意ください。

ここでは主に、電動ガンで使用する「ニカドバッテリー」と「ニッケル水素バッテリー」について説明しています。

バッテリーご利用時の注意

  • 1.バッテリーは、指定以外の方法で充電しないでください。

    必ず取扱い説明書に記述されている方法で充電してください。
    指定以外の方法で充電すると、発熱、発火、破裂することがあります。

    バッテリーや充電器の説明書をしっかり読みましょう。
  • 2.指定された充電機器以外は使用しないでください。

    指定外の充電機器を使用すると、発熱、発火、破裂の可能性があり大変危険です。
    バッテリーの種類や容量によって、使用できる充電器が異なります。充電器を指定のバッテリー以外に使用するのも、危険ですのでおやめください。
    ※ニカドバッテリーの場合は、放電器も指定されたものを使用してください。

    他社製の充電器 急速充電器 ニカド用充電器 ニッケル水素バッテリー
  • 3.充電は必ず目の届く、周りに何もないところで行ってください。

    充電中は、バッテリーのそばに燃えやすいものなどを置かないでください。また、幼児や小さな子供の手の届くところでは充電しないでください。

    充電中は、燃えやすいものをまわりに置かない。充電中は目をはなさない。幼児や子供の手の届くところに置かない。
  • 4.充電が完了したら、速やかに充電コネクターを本体から外してください。

    充電完了後、放っておかない。
  • 5.充電済みのバッテリーに、くり返し充電しないでください。

    過充電(容量を超えて充電すること)となり、バッテリーの劣化を早めたり、発熱、発火、破裂の可能性があり大変危険です。
    バッテリーは、残りが少なくなってから充電するようにしてください。

    充電済みのバッテリーに充電しない。
  • 6.バッテリーが損傷するような衝撃を与えないでください。

    バッテリーの外装(被覆材)が傷つくと発火する恐れがあります。バッテリーの外観に明らかな変形や損傷が見られる場合は、すぐに使用を中止してください。充電中の場合は、充電器をコンセントから抜いてください。
    ※周囲に燃えやすいものが無いところに安置してください。

    バッテリーを傷つけない。
  • 7.バッテリーや充電機器の分解や改造をしないでください。

    分解や改造によって、バッテリーが発熱、発火、破裂することがあります。

    バッテリーを分解しない。
  • 8.バッテリーをショートさせないでください。

    バッテリーへの異物の接触や、充電機器の誤った接続はショートの原因となります。ショートさせるとバッテリーが膨れ、発熱、発火、破裂の可能性があり大変危険です。

    金属と一緒に保管しない。
  • 9.バッテリーを水に濡らさないでください。

    万が一濡れてしまった場合は、すぐに使用を中止してください。充電中の場合は、充電機をコンセントから抜いてください。

    バッテリーをぬらさない。
  • 10.バッテリーを火の中に投じたり、加熱しないでください。

    また、火の近くや高温、多湿になる所で使用、充電、保管しないでください。
    発熱、発火、破裂することがあります。

    火に入れない。
    加熱しない。
  • 11.使用後は、必ずエアソフトガンから取り外してください。

    使用後も接続したままにしておくと過放電となり、充電ができなくなる場合があります。

    使わない時は本体から外す。
充電中に異常が起きたら…

次のような異常が見られる場合は、すぐに充電器をコンセントから抜き、燃えやすいものが無いところに安置してください。

  • ・所定の時間が経っても充電が終わらない(※タイマー式充電器の場合)
  • ・バッテリー(全体または一部)がさわっていられないほど熱い
  • ・バッテリーが膨らんだ
  • ・異臭がする
  • ・煙が出ている

※異常がみられたバッテリーは使用せず、新しいバッテリーをご用意ください。

このページの先頭へ

バッテリーの特性 (ニカド/ニッケル水素)

バッテリー(充電式電池)には寿命があります

バッテリーの特性上、充電や放電(蓄えた電力を消費すること)を繰り返すことで、徐々に充電できる容量が少なくなっていきます。初回使用時にくらべて発射できる弾数が減るなど、性能が低下した場合は新品に交換してください。

注意
バッテリーの種類によって劣化しにくい条件、劣化しやすい条件がありますので、それぞれのバッテリーに適した方法でお取扱いください。
注意
誤った方法での取扱いは、バッテリーの劣化を早めるだけではなく、発熱、発火、破裂といった危険に繋がります。

バッテリーが劣化しやすい条件とは?

「ニカドバッテリー」と「ニッケル水素バッテリー」は、次のような場合に劣化しやすくなりますのでご注意ください。

  • ・バッテリーの容量以上に充電(過充電)する。
  • ・バッテリーの温度が10℃以下、または30℃以上の状態で充電・使用・保管する。
  • ・バッテリーが過放電になる。(以後、充電できなくなる場合があります)
  • ・メモリー効果や不活性化を何度も起こす。
「メモリー効果」と「不活性化」

バッテリーの残量がある程度残っている状態から継ぎ足すように充電を行うと、継ぎ足した分しか容量として認識されない「メモリー効果」という現象が起こります。
例えば残量60%で使用を停止して40%を継ぎ足すと、実際には100%の充電がされていても、40%しか使用できなくなってしまいます。
※特にニカドバッテリーで起こりやすい現象です。

また、長時間使用しなかったバッテリーは、内部が変質して「不活性化」という現象を起こします。不活性化したバッテリーは電力を通しにくくなるため、十分な性能を発揮できません。
※特にニッケル水素バッテリーで起こりやすい現象です。

どちらも一時的な現象で、劣化ではありません。バッテリー容量が少なくなったと感じたら、リフレッシュ充電を行ってみましょう。

「過放電」にご注意ください!

バッテリーには、常にある程度の電力を残しておかなければいけません。この「残しておかなければならない電力」まで使ってしまうことを「過放電」といいます。
過放電はバッテリーにとって大きなダメージとなり、場合によっては2度と使用できなくなってしまいます。
次のような場合に過放電となりやすいのでご注意ください。

  • 電動ガンにバッテリーを接続したままにする。
  • 放電完了後も、放電器とニカドバッテリーを接続したままにする。
  • ニッケル水素バッテリーに放電器を使用する。
  • メンテナンスをせずに長期保管する。(>> バッテリーに適した保管方法

バッテリーと温度の関係

バッテリーは「常温(20℃前後)」で充電・使用・保管してください。

バッテリーが冷えすぎている場合

  • ・バッテリー容量いっぱいまで充電できない場合があります。
    ※発射できる弾数が減ってしまいます。
  • ・使用時にバッテリーから電力を取出しにくくなります。
    ※実射性能が落ちるなど、本来のパワーを発揮できなくなります。
  • ・保管の際、端子が結露しやすくなりショートの原因となります。

バッテリーが冷えている場合は、手で常温(20℃前後)まで温めてください。

注意
温めすぎは危険ですので、ドライヤーなどは絶対に使用しないでください。

バッテリーが熱をもっている場合

  • ・バッテリー容量いっぱいまで充電できない場合があります。
    ※発射できる弾数が減ってしまいます。
  • ・充電時に発熱、発火、破裂する恐れがあります。
    ※充電中はバッテリーが温まるため、過度に発熱しやすくなります。
  • ・バッテリーが劣化しやすくなります。
    ※実射性能が落ちるなど、本来のパワーを発揮できなくなります。
  • ・保管の際、自然放電量が多くなり過放電になりやすい。
    ※バッテリーの温度が上がるにつれ、自然放電量も多くなります。

バッテリーは、使用・充電すると多少熱をもつことがあります。さわっていられないほど熱をもちすぎている場合は、常温(20℃前後)まで冷ましてください。

注意
バッテリーを水につけたり、急激に冷やして結露するとショートの原因となりますので、絶対におやめください。

充電・放電と保管 (ニカド/ニッケル水素)

バッテリーの充電について

充電してくり返し使えることがバッテリーの利点ですが、不適切な充電方法では、バッテリーの性能を十分に引き出すことができなくなってしまいます。

「ニカドバッテリー」と「ニッケル水素バッテリー」を充電する際は、次の点にご注意ください。

  • 必ず指定された充電器を使用する。

    バッテリーごとに充電器のセッティングが異なります。

  • バッテリー残量が少なくなった(電動ガンが動かない)状態から充電する。

    電力が残っているバッテリーを充電すると、過充電やメモリー効果を起こします。

バッテリー残量の減らし方

  • ○ 電動ガンにセットして、動かなくなるまで使用する。
  • ○ ニカドバッテリーの場合は「放電器」を使用する。
注意
過放電となる恐れがありますので、「ニッケル水素バッテリー」には放電器を使用しないでください。

電動ガンが動かなくなった「バッテリー切れ」の状態でも、バッテリーには多少電力が残っています。残った電力では電動ガンを動かすほどの力を出せませんが、過放電になるほど電力を使ってしまったわけでもありません。

  • バッテリーが常温(20℃くらい)の状態で充電を始める。

    使用した直後のバッテリーは熱をもっていますので、常温まで冷ましてから充電してください。また、バッテリーが冷えすぎていると、充電しにくくなります。

  • バッテリーは、なるべく「使う直前」に充電する。

    長い間保管していたバッテリーは、充電前にリフレッシュ充電を行ないましょう。

注意
過充電を防止するため、一部の充電器にはタイマーで充電をストップする機能が付いています。タイマーには、「バッテリーを使い切った状態」から「満充電」までにかかる充電時間が設定されており、バッテリーの残量に関係なく、必ず設定された時間分の充電を行います。(充電器をコンセントから抜くとタイマーがリセットされます。)
バッテリー残量が残った状態で充電をはじめると、過充電になる恐れがありますのでご注意ください。

こんな時は「リフレッシュ充電」!

満充電と放電を2~3回くり返すことを「リフレッシュ充電」といいます。
メモリー効果不活性化は、リフレッシュ充電で解消できます。次に当てはまるバッテリーには、リフレッシュ充電を行ってから充電してください。

  • ・新品で購入したバッテリー
  • ・長い間使わずに保管していたバッテリー
  • ・メモリー効果を起こしたバッテリー

※リフレッシュ充電でも容量が回復しない場合は、バッテリーが劣化している可能性があります。

バッテリーに適した保管方法

乾電池やバッテリーは、機器に接続していない状態でも少しずつ電力が流れ出ています。これを「自然放電」と言いますが、バッテリーは自然放電の量が多く、乾電池のように長く電気を蓄えておくことができません。
自然放電によってバッテリー残量は減り続けます。過放電とならないように、保管の際は注意が必要です。

Ni-Cd ニカドバッテリーに適した保管方法
  • バッテリー残量が少なくなった(電動ガンが動かない)状態で保管する。
  • 電動ガンからバッテリーを外した状態で保管する。
  • 高温を避け、湿度の低い場所に保管する。
  • 2~3ヶ月に1回くらいの頻度で「充電→放電→保管」を行う。

ニッケル水素バッテリーに比べて自然放電しにくく、過放電にも強いため、残量が少い状態で保管します。ある程度の電力が残っている状態で保管すると、メモリー効果が起きてしまいます。

Ni-MH ニッケル水素バッテリーに適した保管方法
  • バッテリーに充電した状態で保管する。
  • 電動ガンからバッテリーを外した状態で保管する。
  • 高温を避け、湿度の低い場所に保管する。
  • 2~3ヶ月に1回くらいの頻度で「充電→保管」を行う。

自然放電しやすく過放電に弱い、そしてメモリー効果が起きにくいため、充電された状態で保管してください。

このページの先頭へ