あ

アイアンサイト 的をねらうためのパーツ(サイト)のうち、光学サイト以外の標準的なサイトのこと。銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用する。
アウターバレル エアソフトガンで、発射したBB弾が通るパイプ(インナーバレル)の外側にあるパーツ。エアソフトガンのバレルは外側のアウターバレルと内側のインナーバレルの二重構造になっている。
アウターバレルチェンジ方式 エアソフトガンで、長さのちがうアウターバレルを付けかえることで見た目を変えることができる仕組み。次世代電動ガンや電動ガンハイサイクルカスタムの一部モデルで採用している。
アサルトライフル 強襲銃もしくは突撃銃。比較的小さなライフル用の弾をフルオートで発射できる銃のこと。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。
アジャスタブル・サイト フロントサイトやリアサイトの左右位置や上下の高さを変更できるサイトのこと。
アッパーレイル ドットサイトやスコープなどを取り付けるために銃本体の上部に設置したレイルのこと。
アッパーレシーバー 銃の機関部の上半分をさす言葉。
圧力 押し合う力。エアソフトガンでは、気体の圧力(空気圧やガス圧)を利用してBB弾を発射する。
アフターサービス 製品の購入後に行うユーザーサポートのこと。東京マルイでは修理の相談・受付やパーツ・サプライ品の注文受付を行っている。
アフターシュート ブローバック銃で、スライドが後退した後に弾が発射される発射方式。
アルマイト処理 アルミの表面に皮膜(ひまく)を作る表面処理。この処理によってアルミ表面の硬度や耐擦過性がアップするため、エアソフトガンのパーツに使われることがある。
アルミフレーム エアソフトガンの次世代電動ガンなどで採用しているアルミ製のフレーム。
安全キャップ(保護キャップ) エアソフトガンで、安全のためにマズル(銃口)の先に取り付けるキャップ。万が一BB弾を発射しても、これがあればBB弾がマズル(銃口)から飛び出さない。
安全装置(セフティ) トリガー(引き金)を引けなくしたり、弾を発射できないようにする装置。モデルによって色々な種類の装置がある。(例:グリップセフティ、トリガーセフティ) ※発射直前まで常にこれをONにする事。
アンダーレイル フラッシュライトやフォアグリップ、バイポッドなどを取り付けるために銃本体の下側に設置したレイルのこと。
アンビ 操作パーツが左右どちらかにしかないモノに対して、両側に同じパーツを備えているもの。左右どちらの手でも操作できること。(例:アンビセフティー、アンビタイプのマガジンキャッチ)

い

インナーバレル エアソフトガンで、発射したBB弾が通るパイプのこと。真鍮製が一般的だがアルミ製もある。エアソフトガンのバレルは外側のアウターバレルと内側のインナーバレルの二重構造になっている。
インナーバレル長 エアソフトガンのインナーバレルの長さ。エンジンとのバランスもあるので、長ければ良いというものでもない。

う

ウインテージ サイトやスコープの調整用語。弾道と照準線のズレを左右に調整する際に使用する。
ヴォルターストック ヴォルター社が開発したアサルトライフル用のストック。乾電池などが収納できるストレージ付きの「EMODストック」が有名。

え

エアコッキングガン 手でスライドやハンドルを引いて空気を圧縮し、BB弾を発射するエアソフトガンの総称。
エアガン(空気銃) 気体の力で弾を発射する銃のうち、「人の生命に危険を及ぼし得る威力」をもつもの。日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。「エアソフトガン(遊戯銃)」は「エアガン(空気銃)」ではないので、混同しないよう注意。
エアーサブマシンガン エアソフトガンのシリーズの1つで、サブマシンガンタイプの18才または10才以上用エアコッキングガン。
エアーショットガン エアソフトガンのシリーズの1つで、一度に3発のBB弾を同時発射するショットガンタイプの18才以上用エアコッキングガン。
エアソフトガン(遊戯銃) BB弾を発射する、銃の形をした遊戯玩具(オモチャ)のこと。発射パワーが「人にほとんど傷害を与えない威力」である0.989J以下でなければならない。「エアソフトガン」を略して「エアガン」とよぶことがあるが、「エアソフトガン(遊戯銃)」は「エアガン(空気銃)」ではないので、混同しないよう注意。
エアーハンドガン エアソフトガンのシリーズの1つで、ハンドガンタイプの18才または10才以上用エアコッキングガン。
エアーライフル エアソフトガンのシリーズの1つで、アサルトライフルタイプの18才または10才以上用エアコッキングガン。
エジェクションポート 弾を発射して空になった薬莢(ケース)を銃の外にはじき出すための穴。
エレベーション サイトやスコープの調整用語。弾道と照準線のズレを上下に調整する際に使用する。
エンジン エアソフトガンではメカ部分(心臓部分)をさす。(例:ブローバックエンジン)

お

追い充電 使いきっていないバッテリーに充電をすること。バッテリー容量以上の充電を行なうとバッテリーの劣化を早めたり、発熱や発火、破裂の可能性がある。バッテリーによって種類や容量が異なるため、充電には注意が必要。
オートストップ エアソフトガンで、ノーマルマガジン使用時にBB弾が無くなると作動が止まるギミック。次世代電動ガンの「M4系」などに搭載されている。
オートマチック トリガーを引くと、弾の発射やコッキング、次に発射する弾の装填までを自動で行なう発射方式のこと。トリガーを1度引くとこのサイクルを1度だけ行なうセミオート(セミオートマチック)と、トリガーを引いている間は弾が無くなるまでこのサイクルを繰り返すフルオート(フルオートマチック)がある。
オートマチック・ピストル オートマチック方式で発射するハンドガンのこと。次に発射する弾を自動的に装填(ローディング)するため、セルフ・ローディング・ピストルともよばれる。
オープンサイト 的をねらうためのパーツ。アイアンサイトの一種で、銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用する。
オプションパーツ エアソフトガンに取り付ける、外観や使い勝手を変更するためのパーツや装飾物。代表的なモノに、スコープやサイレンサーなどがある。
オペレーター 機械を操作する人のこと。銃の場合は射手のことを指す。
オリーブドラブ(O.D.) 暗いオリーブ色。森林地帯などで使われる迷彩色。
折曲銃床(おりまげじゅうしょう) 銃を小さくして持ち運びやすくするために、折りたためるようにしたストック(銃床)のこと。自衛隊での呼称。

か

カービン アサルトライフルのバレル(銃身)をより短くしたモデルの総称。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。(例:M4A1カービン)
カートリッジ 弾丸や火薬をつめた「弾薬」の事。エアソフトガンではBB弾をつめるケースの事をさす。
改造 製品などに手を加えること。エアソフトガンでは性能や外観向上のために行なわれることが多い。※むやみな分解や改造は危険性を誘発したり、性能を著しく損なうおそれがあるので絶対におやめください。
拡張性 エアソフトガンでは、スコープやサイレンサーなどのオプションパーツを、どれだけたくさん、手軽に取り付けられるかの可能性をさす。昔のモデルほど拡張性は低い。
ガス エアソフトガンで、現在最も主流な動力源ガスは「HFC134aガス」。これがないとガスガンは動かない。
ガスガン エアソフトガンで、動力源に「HFC134aガス」などのガス使用するモデル。昔はエアタンクを使用していた。
ガスグレネードランチャー エアソフトガンのシリーズの1つで、カートリッジにつめた複数のBB弾を一度に発射できるグレネードランチャータイプの18才以上用ガスガン。
ガスショットガン エアソフトガンのシリーズの1つで、複数のBB弾を発射することができるショットガンタイプの18才以上用ガスガン。
カスタム 色々なパーツを取り付けたり組みかえてオリジナルなモデルを作る事。
カスタムショップ そのお店の独自のノウハウによって外観や性能をUPしてくれる、カスタム専門店。
ガスチューブ ボルトなどを動かすために、発射した時に発生するガスを流すチューブ型の銃のパーツ。M16などで採用されている。エアソフトガンには不要だが、形状を再現している。
カスタムパーツ 外観や性能を向上するために取り付けるパーツの総称。
ガスブローバック(フルオート) エアソフトガンのシリーズの1つで、ブローバックを再現したハンドガンタイプの18才以上用ガスガン。
ガスブローバック・Rシリーズ エアソフトガンのシリーズの1つで、ブローバックを再現したハンドガンタイプの10才以上用(14才以上推奨)ガスガン。
ガスブローバック マシンガン エアソフトガンのシリーズの1つで、ブローバックを再現したマシンガンタイプの18才以上用ガスガン。
ガス放出口 エアソフトガンで、ガスガンを発射する時に、発射用のガスを勢いよくふき出すためのマガジンの穴。
ガスリボルバー エアソフトガンのシリーズの1つで、24発の連続発射が可能なリボルバータイプの18才以上用ガスガン。
可変ホップアップシステム 「ホップアップシステム」は、BB弾にバックスピンをかけて飛距離を伸ばすエアソフトガンの装置。「可変ホップアップシステム」は気象条件や弾の種類によってバックスピンのかかり具合を調整出来る。
カムフラージュ 迷彩柄や、敵に見つからないようにする行為をさす言葉。
空撃ち エアソフトガンで、BB弾を発射せずに作動させること。ガスブローバックなど発射時のギミックを楽しむ場合や、電動ガンでバッテリーの残りを使い切る時に行なわれる。
火力 エアソフトガンでは、BB弾を連射する早さや同時発射できる弾数の多さなどをさす。
玩具 オモチャ(遊び道具)のこと。発射パワーが0.989J以下のエアソフトガンも玩具に分類される。
ガンケース 銃を持ち運ぶためのケースやバッグ。エアソフトガンの持ち運びにも使用される。布製のソフトタイプや、頑丈なハードタイプなど様々。
間欠連射(バースト射撃) 弾の消費を抑え、セミオートで断続的に発射すること。モデルによっては1回トリガー(引き金)を引くと自動的に数発出るモノもある。(例:2点バースト、3点バースト)
ガンサウンドシステム エアソフトガンで発射音を発生させるシステム。エアソフトガン内部の発射検知システムが発射を受信機に伝え、受信機につないだオーディオ機器から発射音が発生する。

き

器物破損罪 公衆に設置されているモノや、他人の所有物を破損もしくは破壊した時に適用される法律。
ギミック 仕掛け(しかけ)のこと。エアソフトガンで本物の銃と同じような動きや構造を再現した部分。
キャリングハンドル 持ち運びのため銃本体に付けられている取っ手。M4やFA-MASなどが採用している。
給弾 マガジン(弾倉)などからチャンバー(薬室)に弾を送ること。装填、送弾ともいう。
近接格闘(CQC) 対象にさわれるほど近い距離で行われる戦闘のこと。またはその戦闘術。対象との間合いはCQBよりもさらに短い。「CQC」とはClose Quarters Combat(=クロース・クォーター・コンバット)の略。
近接戦闘(CQB) 室内や市街地などで行われる、対象との間合いが短い戦闘のこと。せまい場所での行動が多いため、サブマシンガンやピストルを使用することが多い。「CQB」とはClose Quarters Battle(=クロース・クォーター・バトル)の略。

く

空気銃(エアガン) 気体の力で弾を発射する銃のうち、「人の生命に危険を及ぼし得る威力」をもつもの。日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。「エアソフトガン(遊戯銃)」は「エアガン(空気銃)」ではないので、混同しないよう注意。
クリーニングロッド バレル(銃身)を掃除する際に必要な、細長い棒状の部品。 
グリップ 銃を構える際に手でにぎる部分。モデルによって様々な形が存在する。
グリップセフティ グリップ部分に組み込まれたセフティ。グリップをにぎり込むことでセフティスイッチが押し込まれて、セフティOFF(発射可能状態)になる。
グリップバックストラップ グリップ後部(手のひらが当たる部分)のこと。XDM-40やPx4などは、この部分を交換することでグリップのサイズを変えることができる。
グリス ノリ状の潤滑剤。エアソフトガンのメカBOXや機関部に必ず付着している。各種存在する。
クーリングホール 弾を発射して熱くなったバレルを冷めやすくするため、ハンドガンのスライドやアサルトライフルのハンドガードなどに空けられた穴のこと。エアソフトガンには不要だが、形状を再現している。
グルーピング 発射した弾の、着弾のまとまり具合のこと。1カ所をねらって続けて発射した際に、着弾(弾が当たったところ)がまとまっていれば銃の性能が良い証拠。
クルツ KURZ。ドイツ語で「短い」という意味。
グレネード(弾) グレネードランチャーで発射する弾。擲弾(てきだん)ともいう。
グレネードランチャー グレネード弾を発射する銃。グレネードランチャー単体で使用する以外に、M320A1のようにアサルトライフルのバレル下に取り付け可能なものもある。
クレーンストック アメリカ海軍海上戦闘センター(NSWC)のクレイン師団(基地)が開発した、アサルトライフル用のストック。SOPMOD M4をはじめとするM4系モデルで採用されている。
クロスレンジ・ウェポン(CRW) 対象との距離が近い、または屋内などせまく障害物の多い場所に適した銃のこと。「CRW」とはClose Range Weaponの略。
グロック オーストリアの銃器メーカー。ハンドガンの常識を覆した「グロックシリーズ」は、他のメーカーにも多大な影響を与えた。代表的な銃にグロック17、グロック18Cなどがある。

け

撃針(ファイアリング・ピン) 弾の底部をたたいて火薬を爆発させる部品。火薬を使わないエアソフトガンではギミックとして動きを再現しているものもある。
撃鉄(ハンマー) 弾の底部(または弾の底部をたたくためのファイアリング・ピン)をたたいて火薬を爆発させる部品。火薬を使わないエアソフトガンでは、ガスガンのバルブを開いたりギミックとして動きを再現しているものもある。
限定品 数量や生産期間などが限られている特別なモデルで、通常製品にくらべてプレミア性が高い。東京マルイではカプコンとのコラボレーションモデルが有名。

こ

ゴーグル 目を保護する大切な装備品。エアソフトガンで遊ぶために必ず必要なアイテム。顔全体のフェイスガードがついたフルフェイスタイプや、曇らないためにファン(換気扇)を備えたものがある。
光学サイト 銃にのせて、ねらいやすくする機器。スコープやドットサイトが有名。
口径 バレル内の直径、または弾丸の直径のこと。単位はインチ(inch)またはミリ(mm)で表し、.45ACP弾を使用する銃の口径は約45インチ(.45口径)、9mmパラベラム弾を使用する銃の口径は約9mm(9mm口径)となる。エアソフトガンではインナーバレルの口径がBB弾の直径になっているが、アウターバレルでモデルとなった銃の口径を再現している。
剛性 銃の持つ強度。エアソフトガンでは素材自体の頑丈さやパーツ同士の結合部分の丈夫さをさし、金属パーツを使用するほど剛性が高くなる。
ゴーストリング・サイト リング形状のリアサイトのこと。ピープサイトの一種だが、のぞき穴の径が大きめで、すばやいサイティングに向いているとされている。M870などが採用している。
ゴールドルガー ゲーム「バイオハザード」に登場する銃の名称。カプコンとのコラボレーションで、2001年に限定品「アシュフォード・ゴールドルガー」を発売した。
刻印 品物にきざまれた文字やマークのこと。銃の外装パーツにはメーカー名やモデル名、使用する弾の種類などが刻印されている。エアソフトガンでは、モデルとなった銃の刻印がどのくらい再現されているかにこだわるユーザーも多い。
誤作動 パーツの摩耗、破損、組み間違いなどによって、エアソフトガンが正しく作動しないこと。意図せずBB弾が発射されるなどして、思わぬ事故やトラブルを引き起こす原因となる。
誤操作 誤ってエアソフトガンを動かしてしまうこと。意図せずBB弾が発射されるなどして、思わぬ事故やトラブルを引き起こす原因となる。
固定ストック ストック(銃床)の部分が固定され、折りたたんだりできないもの。持ち運びサイズは大きくなるが、銃を構えた時の安定性は一番である。
固定スライドガスガン エアソフトガンのシリーズの1つで、スライドが固定されており、トリガーを引くだけで発射可能な18才以上用ガスガン。
コッキング 「トリガーを引けば弾を発射できる状態」にすること。コッキングすると同時に、弾も発射位置にセットされることが多い。
コッキング・インジケーター 銃がコッキングされているか(トリガーを引けば発射可能な状態か)を見た目で判断するための装置。グロックやXDM-40などが採用している。
コッキングハンドル(レバー) ボルトなどを動かしてコッキングするモデルで、ボルトを引きやすくするために取り付けたハンドルやレバーのこと。チャージングハンドルともいう。
コピー製品 パッケージや製品を、メーカーに承諾なくマネて作られた製品。粗悪品が多く値段も安い。特許などの知的財産権を侵害した違法なものも多い。 
コルト(コルト・ファイヤーアームズ) アメリカの銃器メーカー。アメリカ軍制式採用の実績が多い。代表的な銃にM4やガバメント、パイソンなどがある。
コンシールド・キャリー 銃をジャケットの内側などにかくして持ち運ぶこと。
コンパクトメカBOX 電動コンパクトマシンガンに搭載されているメカBOX。
コンバットサイト 実戦を想定して作られているサイト。サイティングのしやすさや頑丈さ、装備品への引っかかりにくさなど、戦闘行動における使い勝手を重視している。
コーンバレル バレルの先端にむかって外側に厚みをもたせたハンドガン用のバレル。デトニクスなどが採用している。
コンペンセイター 発射時の反動をおさえるためのパーツ。パーツに空けられた穴から発射時に発生するガスが抜けることで反動が軽減されたり、銃口がはね上がるのをおさえつける。エアソフトガンでは発射ガスが発生しないため、見た目のみ再現している。

さ

サイティング サイトを使って的にねらいをつけること。
サイト(照準器) 的をねらうためのパーツ。銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用するオープンサイトのほか、スコープやドットサイトといった光学機器も含まれる。
サイドアーム 戦闘でメインとして使う武器(アサルトライフルやサブマシンガンなど)とは別に、補助として装備する小型の武器(ハンドガンなど)のこと。
サイドスイング・ストック 銃本体の左右どちらかに折りたたむことができるストックのこと。フォールディング・ストックの一種。
サイレンサー マズル(銃口)に取り付け、弾を発射する際の音を小さくする減音装置。エアソフトガンでも効果があるが、機関部などの作動音は減音できない。サプレッサーともいう。
サバイバルゲーム エアソフトガンを使用した対戦式ゲームの総称。専用のプレイフィールドもある。主流となっているルールの他に、オリジナルのルールも考案されている。
サバゲー サバイバルゲームの略称。
サバゲーフィールド サバイバルゲームをするために用意された場所。全国で70カ所ぐらいあり、屋外や屋内、森林、障害物を立てた平地など、フィールドごとに様々な趣向をこらしている。
サブマシンガン ピストル用の弾を使用する、小型の機関銃の総称。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。
サムセフティ グリップをにぎった手の親指で操作するセフティ。ガバメントなどが採用している。
サムライエッジ ゲーム「バイオハザード」に登場する、カプコンとのコラボレーションで生まれたカスタム銃の名称。M92FやM9A1をベースにしたオリジナルモデル。
サムレスト グリップをにぎった親指を置くためのくぼみや突起(とっき)のこと。
サプライグッズ エアソフトガン用のBB弾やガス、バッテリーなどの消耗品。
サプレッサー マズル(銃口)に取り付け、弾を発射する際の音を小さくする減音装置。エアソフトガンでも効果があるが、機関部などの作動音は減音できない。サイレンサーともいう。

し

試射 テスト発射すること。エアソフトガンでは、ホップ調整やサイト調整を行う際に必要。BB弾を入れずに作動だけ確認する場合もある。
次世代電動ガン エアソフトガンのシリーズの1つで、シュート&リコイルエンジンを搭載した18才以上用電動ガン。発射時に反動が楽しめる。
実射性能 その銃のもつ「発射」に関する基本性能。集弾性や飛距離、発射出来る弾の数などを合わせた性能のこと。
実弾(弾薬) 本物の弾。カートリッジに弾丸と火薬を詰めたもの。日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。 
シボ 表面につけた細かいシワもようのこと。すべり止めや光の反射をおさえる効果がある。
シャーシ パーツを組み付けるためのワク組みのこと。エアソフトガンではフレームの中などに使用する。
射手 銃を撃つ人のこと。シューター。
シューティングゲーム 的を撃つ早さや正確さなどを競うゲーム。固定された的をねらうものや、決められたルートを移動しながら的を撃つものなど様々なスタイルがあり、大会も行なわれている。
シューティングレンジ 射撃場。弾を撃つ場所。
シュート&リコイルエンジン エアソフトガンで、次世代電動ガンの心臓部分。ショック(反動)を発生させながらBB弾を発射することから命名された。
ジュール(J) エアソフトガンから発射されるBB弾のエネルギー(発射パワー)の単位で、「BB弾の重さ×初速×初速÷2000」で算出する。0.989Jをこえるものはエアソフトガンではなく「準空気銃」であり、日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。
銃口(マズル) 銃の先端にある、弾が発射される部分。銃でもエアソフトガンでも絶対にのぞいてはいけない。またサバイバルゲーム以外では絶対に人に向けてはいけない。
銃身(バレル) 発射した弾が通過するパイプのこと。エアソフトガンではバレルが外側のアウターバレルと内側のインナーバレルの二重構造になっており、ふたつ合わせて「バレル」と呼ぶことが多い。
銃床(ストック) 銃を撃つときに肩にあてて安定させるパーツ。固定タイプ、伸縮タイプ、折り畳みタイプなど様々な種類がある。
銃身長 バレル(銃身)の長さのこと。エアソフトガンではインナーバレルの長さをさす。ライフルなど長距離をねらうものほどバレルが長く、市街地や建物内など障害物のある所で使用するものほどバレルが短いものが多い。
集弾性(グルーピング) 発射した弾の、着弾のまとまり具合のこと。1カ所をねらって続けて発射した際に、着弾(弾が当たったところ)がまとまっていれば銃の性能が良い証拠。
充電器 エアソフトガンでは、電動ガンの動力源であるバッテリーを充電するための機器。バッテリーそれぞれに対応した充電器を使い分ける必要がある。
銃刀法 日本国内の「実銃」と「刀(刃物)」の所持や扱いについての法律。厳しい罰則が設けられている。絶対に違反してはならない。銃砲刀剣類所持等取締法。
準空気銃 気体の力で弾を発射する銃のうち、発射パワーが0.989Jを超え、「人の生命には危険を及ぼさないが人を傷害し得る威力」をもつもの。日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。改造したエアソフトガンの発射パワーが0.989Jをこえてしまったり、そのような改造品を購入してしまった場合も銃刀法違反となる。
ショートトリガー ハンドガン用の前後長を短くしたトリガー。トリガーが短くなった分トリガーガード内のスペースが広くなるため、厚手のグローブ着けていてもトリガーに指をかけやすい。
ショートバレル 短いバレル(銃身)。
ショートマガジン 標準サイズのマガジンよりも短いマガジンのこと。
傷害罪 人の体を害したり傷つけたりする傷害行為に対する罪。
照準器(サイト) 的をねらうためのパーツ。銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用するオープンサイトのほか、スコープやドットサイトといった光学機器も含まれる。
照準線 的をねらう時の、サイトと的とを一直線につなぐ目線のこと。
初弾 銃にマガジンをセットしてから一番最初に発射する弾。
ショットガン 散弾銃。一回で何発もの弾を同時発射(※)できる銃のこと。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。 ※最近では色々な弾があり、散弾ではないものもある。 
ショットシェル ショットガンの弾。中に複数の丸い弾(散弾)が入っている。銃の特性上、プラスティック製の筒状の形をしている。 
ショルダーレスト ストックの後端についている折りたたみ式のプレート。バイポッドを使ってフルオート発射する時に使用する。M14などが採用している。
シリアルナンバー 管理・識別用のナンバー。
シリンダー リボルバー銃の弾を装填する筒状のパーツ。弾丸を発射しても薬莢はシリンダーに残るので、新しい弾をリロードする前にスイングアウトして薬莢を取り出す必要がある。エアソフトガンでは、ガスブローバックを作動させるためのガスを送り込む円筒状の容器もシリンダーとよばれる。
シリコンオイルスプレー エアソフトガンのメンテナンスに使用する、シリコン系のスプレー。CRC鉱物脂などプラスチックを溶かしてしまうものもあるため、必ずエアソフトガン専用のものを使用すること。
シールズ(SEAL, SEALs) アメリカ海軍に属し、陸海空を問わず高度な作戦に対応する精鋭部隊。Navy SEALs。
シングルアクション トリガーを引くと1つのアクション(発射)を行なう、ハンドガンの発射メカニズムのこと。発射前にあらかじめコッキングしておく必要がある。リボルバーでは1発ごとに手動でコッキング、オートマチック・ピストルでは初弾のみ手動でコッキングする。
シングルカラム マガジンの中で弾が縦一直線にならぶ状態。グリップ内にマガジンをセットするハンドガンなどで採用されることが多い。マガジンが薄いのでグリップを細くできる反面、装弾数が少ない。
真正銃 本物の銃のこと。主に日本の法律などで使用される用語。(エアソフトガンは遊戯銃とよばれる。)

す

推奨年令 メーカーなどが決める、製品を正しく扱う・楽しむために必要と思われる年令のこと。東京マルイでは、10才以上用の発射パワーであっても取扱いに14才程度の技術や注意力が必要となる製品を「14才以上推奨」としている。
スイングアウト リボルバー銃の弾をリロードする際に、シリンダーを銃の左右どちらかへ押し出すこと。
スクエアハンマー 操作のしやすさと破損への耐久性をUPするために四角い形状にしたハンマーのこと。トリガーを引いてから発射(ハンマーダウン)するまでのタイムラグを少なくするために、穴をあけて軽量化している。
スケルトンハンマー 穴をあけて軽量化したハンマー。軽くなった分ハンマーが早く動くため、トリガーを引いてから発射(ハンマーダウン)するまでのタイムラグが少なくなる。
スコープ 遠くにある的をねらうための光学機器。望遠レンズがついているため、長距離でも正確にねらうことができる。銃に装着するための土台(マウントベース)やマウントリングが必要。
ステアー(STEYR) オーストリアの銃器メーカー。オーストリア軍制式採用となったアサルトライフル・AUGをはじめ、ポリマー素材を使用したモデルが多い。代表的なモデルにAUGやモデルGBなどがある。
ステラ女学院高等科C3部 2013年放送の、サバイバルゲームを主題にしたアニメ作品。東京マルイがミリタリー監修を行っている。
ストック 銃を撃つときに肩にあてて安定させるパーツ。固定タイプ、伸縮タイプ、折り畳みタイプなど様々な種類がある。
ストライクガン 近接格闘(CQC)用に作られた銃のこと。スパイク状のパーツは打撃や威圧などに利用できる。
スナイパー 狙撃手。スコープなどを使い、遠距離から一発必中の射撃を行なう射手。
スナイパーライフル スナイパー(狙撃手)が使用する銃(※)。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。 ※遠距離から正確な射撃を行なうために、命中精度の高いボルトアクション式が採用されることが多い。
スナイピング 銃でねらい撃つこと。狙撃(そげき)。
スパーハンマー 親指をかけるための突起(とっき)があるハンマーのこと。
スペアマガジン 予備のマガジン(弾倉)。
スペツナズ ロシア(旧ソ連)の特殊任務部隊の総称。部隊名ではなく、英語のスペシャルフォースを指す。
スライド オートマチックピストルの銃本体上部にあり、発射時に作動してコッキングや次弾の装填などをおこなう可動パーツ。
スライドオープン 弾を撃ちつくした時に、スライドが下がりきった状態で止まること。弾をこめたマガジンをセットしてスライドを戻すと、次弾が装填されて再び発射することができる。
スライド・ストック スライドさせて長さを調整できるストック。リトラクタブル・ストックともいう。
スライドストップ スライドオープン時に、スライドが動かないようにロックするためのパーツ。ロックを解除するとスライドが前進して通常位置に戻る。
スリング 銃を携帯するための肩がけベルト。様々な材質、機能のものがある。
スリングスイベル スリングを銃に取り付けるためのベース。輪っか状のモノが多い。

せ

制式(採用) 軍などの公的機関で公式な採用が決定し、専用の識別用名称(制式名称)を与えられること。
青少年育成条例 18才未満の青少年の生活や環境を整えるために、各都道府県の地方自治体が定めた条例。18才未満が使用できるエアソフトガンは発射パワーが0.135J以下と定められており、発射パワーが0.135Jをこえるエアソフトガンは、18才未満への販売や譲渡などが禁止されている。
生分解素材 環境にやさしい植物由来の素材やミネラル成分で構成された、土壌や水中のバクテリアによって水と二酸化炭素に分解される素材。BB弾に使用されている。
精密射撃 的を正確に、ねらい通りに射撃すること。銃の性能だけでなく、射手の力量も結果に影響する。
セフティ(安全装置) トリガー(引き金)を引けなくしたり、弾を発射できないようにする装置。モデルによって色々な種類の装置がある。(例:グリップセフティ、トリガーセフティ) ※発射直前まで常にこれをONにする事。
セミオート トリガー(引き金)を1回引くたびに、1発ずつ弾を発射するメカニズム。 ⇔ フルオート
セレクター(レバー) 発射モードをセミオートやフルオート、バーストやセフティに切り替えるパーツ。
セレーション ハンドガンのスライドに刻まれたすべり止めの溝のこと。何本かの直線がならんで刻まれたものや、ウロコ状のものまで、様々なデザインがある。
ゼロイン スコープを使用する際に、弾道と照準線がターゲットに重なるように調整すること。
センチネルナイン ゲーム「バイオハザード」の公式設定として登場する、カプコンとのコラボレーションで生まれたカスタム銃の名称。P226E2をベースにしたオリジナルモデル。
戦闘服(B.D.U.) 戦闘用に作られたユニフォームのこと。「B.D.U.」とはBattle Dress Uniform(=バトル・ドレス・ユニフォーム)の略。
ゼンマイ 金属の薄い板をうずまき状に巻いたバネのこと。エアソフトガンでは主に連射マガジンに組み込まれており、マガジン底部のギアを回して内部のゼンマイを巻き上げないとエアソフトガン本体にBB弾が給弾されない(巻き忘れに注意)。
専用ガス ガスガンの作動に必要なガス。「HFC134a」という代替フロンが主流。※ガスの種類によってはパーツを劣化させてしまうため、必ず指定のガスを使用すること。

そ

操作性 操作のしやすさ。レバーやボタン、トリガーなどが、どれだけカンタンに早く確実に操作できるよう作られているかという銃の性能。
送弾 マガジン(弾倉)からチャンバー(薬室)に弾を送ること。給弾、装填ともいう。
装弾数 1つの銃にセットすることができる弾の数。
装填 マガジン(弾倉)からチャンバー(薬室)に弾を送ること。給弾、送弾ともいう。

た

ターゲット(的) 標的。銃でねらう対象物のこと。紙や金属でできているものや、弾が当たるとたおれたり壊れたりと色々なものがある。サバイバルゲームでは、目的・目標とする人物をさすこともある。
耐久性 パーツや製品が破損や摩耗、劣化などの負担にどれだけ耐えられるかという性能のこと。
耐擦過性能 ほかの物とこすり合わせた場合の表面の強度。耐擦過性能が高いほど、表面にキズやけずれができにくい。
対象年令 条例などをもとにメーカーなどが定めた年令制限。エアソフトガンでは、青少年育成条例によって18才未満が購入できるのは発射パワーが0.135Jまでとなっているため、0.135Jまでのものを対象年令10才以上(対象年令7才以上、14才以上推奨含む)、0.135Jをこえるものを対象年令18才以上としている。※青少年育成条例は18才未満を対象としており、「対象年令10才以上」のものを10才未満が購入しても条例違反とはならない。
耐用期限 エアソフトガンを正しく使用して、パーツが破損・摩耗したり壊れたりするまでの発射数や年数の目安のこと。使用方法を誤ると、耐用期限前に壊れる場合がある。
多弾数マガジン 通常のマガジンに比べ、装弾数を大幅に増やしたマガジン。エアソフトガンではゼンマイを組み込んだもの(連射マガジン)が多く、マガジン底部のギアを回して内部のゼンマイを巻き上げないとエアソフトガン本体にBB弾が給弾されない(巻き忘れに注意)。
タクティカルライト 戦闘用のライトのこと。銃に取り付けたまま操作するものもある。一般的な懐中電灯にくらべて非常に明るく、足下を確認したり、相手を照らして目をくらませるなど、暗い場所での戦闘には必要不可欠なもの。
打刻 刻印の一種。浮彫り(うきぼり)にした文字やマークを打ちつけてくぼませる刻印。
ダブルアクション トリガーを引くと2つのアクション(コッキングと発射)を行なう、ハンドガンの発射メカニズムのこと。あらかじめコッキングしておかなくてもトリガーを引けば発射できるが(※)、シングルアクションに比べてトリガーのストロークが長く、重たい。※オートマチック・ピストルでは、チャンバー内に弾がない時には手動でコッキングする必要がある。
ダブルカラム マガジンの中で、弾がジグザグに並ぶ状態。シングルカラムに比べてマガジンは厚くなるが、装弾数はかなり増える。
ダブルタップ 続けざまにすばやく2発の弾を発射する射撃術。
ダブルホップアップシステム エアソフトガンのガスショットガン用ホップアップシステム。1本のインナーバレルから2発のBB弾を同時に発射する時に、どちらのBB弾にもホップをかけることができる。
弾づまり 銃の内部で弾がつまり発射できなくなること。※BB弾が詰まっても絶対に銃口をのぞかないでください。
弾丸 発射時に銃口から飛び出す弾のこと。エアソフトガンではBB弾のこと。
タン(カラー) なめし革の色。砂漠地帯などで使われる迷彩色。
弾倉 マガジン。弾を込める部分。銃本体から取り外す事が出来るものが多い。
弾速 銃口から飛び出した弾が飛ぶ速さ。1秒間に何m飛ぶかで算出する。エアソフトガンの発射パワーは0.989J以上出てはいけないと法律で定められているが、0.989Jを弾速に換算すると「直径6mmの0.2gBBでは約99.4m/s(※)」に相当する。 ※BB弾の大きさや重さが違うと0.989Jに相当する弾速も違うので注意。
弾道 発射された弾が飛んでいく道筋。エアソフトガンでは、ホップアップシステムを搭載しているか、またはホップの調整具合によって弾道が大きく変化する。 
弾薬(実弾) 本物の弾。カートリッジに弾丸と火薬を詰めたもの。日本ではライセンス無しに所持・携帯することが禁止されている。

ち

チェッカリング すべり止めのクロス状のミゾ。銃のグリップなどに使われる。
チークピース ライフルのストックに取り付ける頬あて。構えた時にスコープをのぞきやすいよう、顔の高さを調整するために用いる。
着弾(点) 発射した弾が当たること(当たったところ)。
チャージ エアソフトガンで、ガスガンに必要なガスを注入すること。本体の中にガスのタンクがあるモデルと、マガジン内にタンクがあるモデルとでは、チャージ方法が異なる。
チャージャー エアソフトガンで、BB弾をマガジンに装填する時に必要な筒状の器具。主に電動ガン用のマガジンで使用する。棒状のチャージングロッドとセットで使用する。
チャージングハンドル ボルトなどを動かしてコッキングするモデルで、ボルトを引きやすくするために取り付けたハンドルやレバーのこと。コッキングハンドル、コッキングレバーともいう。
チャージングロッド エアソフトガンで、BB弾をマガジンに装填する時に必要な棒状の器具。主に電動ガン用のマガジンで使用する。筒状のチャージャーとセットで使用する。
チャンバー 薬室。次に発射される弾が入る(装填)場所。リボルバーでは弾薬を収めるシリンダーの穴をさす。
チャンバーパッキン エアソフトガンで、BB弾に逆回転(ホップ)を加えるためのゴム製の突起物。BB弾をおさえる強さを調整して、ホップの強弱をつける。
蓄光BB弾 蓄光材が入ったBB弾。フルオートトレーサーを使用して光をあてると、光りながら飛んでいく。

つ

追加充電 使いきっていないバッテリーに充電をすること。バッテリー容量以上の充電を行なうとバッテリーの劣化を早めたり、発熱や発火、破裂の可能性がある。バッテリーによって種類や容量が異なるため、充電には注意が必要。
通常分解 フィールドストリッピング。銃をメンテナンスする時に行なう簡単な分解のこと。

て

テイクダウン バレルなどを機関部から取り外すこと。メンテナンス時などに行なう。
ティルトバレル・ロック オートマチック・ピストルの作動方式の1つ。発射した弾がマズルから出ると、バレルがかたむいてスライドが後退する。
ディンプル加工 ゴルフボールのように、表面を半球状にへこませる加工のこと。ハンドガンのグリップなどにすべり止めとして使われる。
擲弾(てきだん) グレネードランチャーで発射する弾。グレネードともいう。
デコッキング ハンマーをフルコックからハンマーダウンにもどすこと。P226やM9A1などには、レバーを操作するだけでデコッキングできる機能がある。
デュアル発射システム エアソフトガンの電動ガン ライト・プロで採用している、電動でも手動でも発射できるシステム。
電動ガン バッテリーや電池の電力によってモーターを作動させ、BB弾を発射するエアソフトガン。
電動ガン スタンダードタイプ エアソフトガンのシリーズの1つで、アサルトライフルやサブマシンガンなど幅広くラインナップする標準的な18才以上用の電動ガン。
電動ガン ハイサイクルカスタム エアソフトガンのシリーズの1つで、1秒に25発のフルオート発射が可能な18才以上用電動ガン。
電動ガン ハンドガンタイプ エアソフトガンのシリーズの1つで、マイクロメカBOXを搭載したハンドガンタイプの18才以上用電動ガン。
電動ガンBOYs エアソフトガンのシリーズの1つで、本物よりも少し小さいスケールで作られている10才以上用電動ガン。
電動ガン ライト・プロ エアソフトガンのシリーズの1つで、1/1スケールで幅20mmのマウントレイルを備えた10才以上用電動ガン。
電動コンパクトマシンガン エアソフトガンのシリーズの1つで、コンパクトメカBOXを搭載した18才以上用電動ガン。
電動ブローバック(フルオート) エアソフトガンのシリーズの1つで、発射時のブローバックを再現した10才以上用電動ガン。

と

東京マルイ公式ウェブショップ 東京マルイが運営するウェブショップ。オリジナルグッズの通信販売を行っている。
動力(パワーソース) エアソフトガンを作動させるエネルギー源。バッテリーやHFC134aガス、乾電池など。エアコッキングガンのように手動で作動させるものもある。
ドットサイト(ダットサイト) 的をねらいやすくするための光学機器。中央に映し出された色付きの点をターゲットに合わせてねらう。銃に装着するための土台(マウントベース)やマウントリングが必要。
取扱い説明書 商品の使い方や注意点が詳しく書かれている本または用紙。※エアソフトガンを使用する前に、必ず最後まで読んでください。
特殊部隊 特別な任務を受け持つ、軍隊や警察の精鋭部隊。その数や構成、存在などはシークレットである。(例:アメリカのデルタフォースやネイビーシールズ、SWAT、イギリスのSASなど。)
ドラムマガジン 丸くて平たいタイコや円盤(えんばん)のような形をしたマガジンのこと。できるだけ多くの弾を入れるために考えられた。
トリガー 引き金。銃を発射する時に引くレバーのこと。
トリガーガード 何かのはずみでトリガーが引かれないように、トリガーのまわりを囲んでいるパーツ。
トリガーコントロール トリガーの引き方や、トリガーへの力のかけ具合の加減。
トリガーセフティ トリガーに組み込まれたセフティのこと。グロックやMP7A1などでは、トリガーに指をかけるとセフティが押し込まれ、トリガーが引けるようになる。

な

ナイツ(KNIGHTs) 銃や銃専用パーツを製造するアメリカのメーカー。ハンドガードレイルシステムを考案。
ナイトサイト 蓄光式のサイト。光をあてるとしばらく発光するため、暗闇でもサイティングが可能。エアソフトガンでは、ガスブローバックのグロック17や、バイオハザード限定品・センチネルナイン レオンモデルで採用している。
長物 ハンドガンに比べて長い銃のこと。ライフルやショットガンをさす。

に

ニッカドバッテリー ニッケル・カドミウム蓄電池。略してニカド、ニッカドとも呼ばれる。エアソフトガンでは電動ガンのパワーソースとして主流だったが、リサイクルや廃棄処分の関係で「ニッケル水素バッテリー」にシフトした。※必ず各バッテリーの説明書をよくお読みください。
ニッケル水素バッテリー ニッカドよりも持久力と瞬発性があるバッテリーで、エアソフトガンでは次世代電動ガンや電動ガン ハイサイクルカスタムに適している。※必ず各バッテリーの説明書をよくお読みください。
日本遊戯銃協同組合(ASGK) 経済産業省に唯一認められている、エアソフトガン関連の組合。http://www.asgk.jp/
ニュー銀ダンエアガンRF エアソフトガンのシリーズの1つで、トリガーを引くだけで発射可能な10才以上用エアコッキングガン。

ぬ

ね

ネイビーシールズ(Navy SEALs) アメリカ海軍に属し、陸海空を問わず高度な作戦に対応する精鋭部隊。Navy SEALs。略してSEALまたはSEALsともいう。

の

ノッチ V字形やU字形の切り込み。
ノバック 銃のサイトを製作しているメーカー。ノバック式のサイトは有名で、「MEUピストル」には、ノバックと正式契約したリアサイトが搭載されている。
ノンHOP エアソフトガンのホップ調整が一切されていない状態。メンテナンスの時にノンHOP状態にする。ノンHOPの時に銃口を下に向けると、おさえがないためBB弾が落ちてしまう。またその状態で発射しても飛距離が伸びない。
ノーマルマガジン エアソフトガンのごく標準的なマガジン。装弾数が少ない分、値段もリーズナブル。

は

バイオハザード 株式会社カプコンのゲームソフト、またはそのシリーズ作品。カプコンと東京マルイのコラボレーションによって、サムライエッジやセンチネルナインなどのオリジナルデザインのカスタム銃が誕生した。特にサムライエッジはゲーム内にも頻繁に登場している。
ハイキャパシティ 容量が多いこと。銃やエアソフトガンでは、マガジンに弾が多く入ることをさす。
ハイサイクル エアソフトガンで、フルオート時の連射サイクルが速いこと。
バイポッド ライフルやアサルトライフルに取り付ける2本の脚(あし)。中〜遠距離で正確な射撃が必要な時などに使用する。
ハウジング 装置などをつつむように保護する覆い(おおい)のこと。(例:マガジンハウジング、メインスプリングハウジング)
パーカライズド仕上げ 表面に化学的な膜(まく)をつくり、サビなどの腐食(ふしょく)をおさえる仕上げのこと。リン酸塩皮膜処理。
バースト射撃(間欠連射) 弾の消費を抑え、セミオートで断続的に発射すること。モデルによっては1回トリガー(引き金)を引くと自動的に数発出るモノもある。(例:2点バースト、3点バースト)
パーティングライン 金型を使って物を成型した時に、金型の合わせ目にできる線状のでっぱり。
バードゲイジ 鳥カゴのこと。M16のフラッシュハイダーの形が鳥カゴに似ていることからこう呼ばれている。
発光BB弾 蓄光材が入ったBB弾。フルオートトレーサーを使用して光をあてると、光りながら飛んでいく。
バックアップ・サイト ドットサイトなどの光学機器が使えなくなった時に使用する予備のサイト。ドットサイト使用時にジャマにならないよう、サイズが小さいものや、取り外したり折りたためるものが多い。
発射 銃から弾が飛び出ること。(飛び出させること)
発射パワー エアソフトガンの銃口から飛び出した弾がもつパワーの大きさ。出だしの速度やBB弾の重さから算出する。単位は「J(=ジュール)」で表す。
バッテリー エアソフトガンで、電動ガンの動力源。中に溜めておいた電力を消費しても、繰り返し充電・使用できるため経済的。ニッカドやニッケル水素といった種類があり、バッテリーの種類や容量などによって使用・保管方法が異なるので注意が必要。
バットプレート ストック後端についているプレート。ラバーや樹脂素材でできていて、発射時に肩にかかる衝撃をやわらげる。
バッファー(チューブ) M4系のストック内にある筒状のモノ。実際の銃はこの中にスプリングが入っている。エアソフトガンでは、次世代電動ガンのバッファーチューブに反動を発生させるためのウエイトが入っている。
ハーフコック セフティの1つで、ハンドガンのハンマーが半分起きた状態のこと。チャンバー(またはシリンダー)に弾があり、指でコッキングする場合に、フルコックにする前にハンマーをはなしてしまっても暴発しないよう、ハンマーが弾をたたく前に止まる仕組み。
バルブ 開閉式の栓(ふた)の事。エアソフトガンでは、ガスブローバックのマガジンにあるバルブを開け閉めして発射用のガスを放出している。
バレル(銃身) 発射した弾が通過するパイプのこと。エアソフトガンではバレルが外側のアウターバレルと内側のインナーバレルの二重構造になっており、ふたつ合わせて「バレル」と呼ぶことが多い。
バレルブッシング ガバメントのスライドとバレルの間にあるパーツ。ブローバックしたスライドが元の位置にもどる時にバレルとの位置を合わせるガイドの役目をする。
パワーソース(動力) エアソフトガンを作動させるエネルギー源。バッテリーやHFC134aガス、乾電池など。エアコッキングガンのように手動で作動させるものもある。
反動(リコイルショック) 発射した弾がバレル内を前進する時の反作用で生まれる力。火薬を使って発射する銃は反動がとても大きく、銃口がねらいからズレてしまう。エアソフトガンでは、次世代電動ガンやガスブローバックなどにあえて反動を生みだす機能を搭載し、本物の銃を発射しているような体験ができるようになっている。
ハンドガード アサルトライフルやサブマシンガンなど、両手でしっかり構えるためにトリガーを引く手とは逆の手でささえる部分。最近ではオプションパーツを装着するためのレイルが付いたモノが主流。ショットガンではフォアエンドといい、コッキングレバーも兼ねている。
ハンドガン 片手で構えて発射できる銃のことをさす。オートマチック・ピストルもリボルバーもハンドガンに含まれる。
バンパー 衝撃をやわらげるパーツ。銃やエアソフトガンでは、マガジンの底にマガジンバンパーがついているものもある。
ハンマー(撃鉄) 弾の底部(または弾の底部をたたくためのファイアリング・ピン)をたたいて火薬を爆発させる部品。火薬を使わないエアソフトガンではギミックとして動きを再現しているものもある。
ハンマーダウン ハンマーが起きていない(コッキングしていない)状態のこと。

ひ

BB(BB弾) エアソフトガンで発射する弾。直径6mmのものが主流。重さの違うものや、自然に優しい生分解素材でできたバイオ弾、光を当てると発光する発光BB弾など種類が豊富。
BBローダー エアソフトガンで、BB弾をマガジンに装填する際に使う道具。レバーを押すと一度に4発のBB弾を込められる。
ピカティニー規格 レイルの規格の1つ。レイルの幅やミゾの深さなどが決まっている。
飛距離 銃から発射した弾が飛んだ距離。エアソフトガンでは、発射地点(銃口)からBB弾が自然落下した地点までの距離のことをさす。
ビクトリーショー 東京で開催されるミリタリーのイベント。3月、7月、9月、12月と年4回行われる。 (主催:サムズミリタリ屋
ヒストリカルゲーム サバイバルゲームの一種で、歴史上の設定を元にした時代考証ゲームのこと。装備やシーンの再現にこだわるなど、雰囲気を重視した内容となる。
ピストンカップ シリンダー内の気体をにがさずにピストンを動かすためのフタ。
ヒット サバイバルゲームで、BB弾が当たったこと。またはそのことを他の参加者に知らせるため、当てられた本人が宣言する言葉。BB弾が当たったら、「ヒット」と言って速やかにフィールドから退場する。
ビーバーテイル ガバメントのグリップセフティのカスタムの1つ。ビーバーのしっぽのようにグリップセフティ上部をのばして、グリップをにぎった手にハンマーやスライドがぶつからないようにガードする。また、グリップをベストな位置で早くにぎるためのガイドにもなっている。
ピープサイト 小さな穴のあいたリアサイト。近~中距離での精密射撃に向いているとされている。M4やM16、MP5などが採用している。
ヒューズ エアソフトガンでは、何かのトラブルによって大きすぎる電流が流れた時に、内部で断線して電流をカットし、電動ガンのメカBOXやモーターを守る安全装置のこと。

ふ

ファイアリング・ピン(撃針) 弾の底部をたたいて火薬を爆発させる部品。火薬を使わないエアソフトガンではギミックとして動きを再現しているものもある。
フィールド エアソフトガンを使用する場所。主にサバイバルゲームをするための場所をさす。
フィールドストリッピング 通常分解。銃をメンテナンスする時に行なう簡単な分解のこと。
フィクスドスライド(固定スライド) エアソフトガンで、スライドが動かないハンドガンのこと。スライドを動かさずに作動するため、ガスの消費が少ない。
フィンガーチャンネル グリップをよりしっかりとにぎるために、指の形にそってつけられた凹凸(おうとつ)のこと。
フォールディング・ストック 銃を小さくして持ち運びやすくするために、折りたためるようにしたストック(銃床)のこと。
フォアエンド スナイパーライフルやショットガンで、トリガーを引く手とは逆の手でささえるバレル下の部分(先台)。ポンプアクション式のショットガンではコッキングレバーも兼ねている。
フォアグリップ トリガーを引く手でにぎるグリップとは別の、銃の前方にあるグリップのこと。銃のコントロールがしやすくなる。
フォリッジ・グリーン 生い茂った木々の明るい葉の色。森林などで使われる迷彩色。
フォロアー(レバー) エアソフトガンで、主にガスブローバックのマガジンの前方にあるスライド式のパーツ。バネと組み合わせて、装填したBB弾をエアソフトガン側に押し(出し)ている。BB弾を装填する時には、指でフォロワーを下げて装填する。
ブラスト仕上げ 研磨(けんま)材をふきつける表面処理のこと。エアソフトガンでは、樹脂製のパーツで金属のような質感を表現する時などに採用している。
フラッシュハイダー 銃口に取り付けて、発射した時に発生する炎を小さくおさえる部品。エアソフトガンには不要だが、形状を再現している。
フラッシュライト 戦闘用のライトのこと。銃に取り付けたまま操作するものもある。一般的な懐中電灯にくらべて非常に明るく、足下を確認したり、相手を照らして目をくらますなど、暗い場所での戦闘には必要不可欠なもの。
フラット・ダークアース 砂漠地帯などで使われる迷彩色。
フラットトップ・レシーバー 上面がマウントレイルと一体化しているレシーバー。M4などが採用している。
フリップアップリアサイト 折りたたむことが可能なリアサイト。持ち運ぶ時など、サイトとして使わない時に折りたたんでおく。
ブルーイング 表面に化学的な膜(まく)をつくり、サビなどの腐食(ふしょく)をおさえる仕上げのこと。青みをおびた黒色に仕上がることから、ブルーイングまたはブルーフィニッシュとよばれている。
フルコック ハンマーが起きた(コッキングされた)状態のこと。
フルオート(連射) トリガー(引き金)を引きっぱなしにしている間、弾が連続で発射し続けること。
フルオートトレーサー 発射する発光BB弾に光を当てて発光させる、エアソフトガン用の部品。フルオートトレーサーを使って発光BB弾を発射すると、弾が光りながら飛んでいく。
ブルパップ 機関部(チャンバー)やマガジンの位置が、トリガーよりも後ろにある銃。バレルの長さを変えずに全長を短くすることができる。(例:P90やステアーAUGなど)
フルフェイスゴーグル 顔全面をおおうフェイスガードを取り付けた、エアソフトガン用のゴーグル。主にサバイバルゲームなどで使用する。
フレーム 銃の心臓ともいえる機関部が入るパーツのこと。
ブローバック トリガーを引くと、弾の発射やコッキング、次に発射する弾の装填までを、スライドやボルトを動かして自動で行なう作動(方式)のこと。
フローティング・バレル バレルが銃の機関部だけにつながっている構造のこと。バレルによけいな振動や力が加わって命中精度を下げないように、ハンドガードやストックからバレルが浮いた状態になっている。長距離の精密射撃を目的としたL96などのスナイパーライフルや、HK416D、SCARなどが採用している。
フロントサイト 的をねらうためのパーツ(サイト)のうち、銃の前方(銃口側)にあるサイトのこと。銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用する。
プローン 身体を地面にふせて発射する姿勢のこと。
分解 組まれている部品を外したり、バラバラにすること。エアソフトガンでは、むやみな分解は性能低下の原因になるため、メンテナンスのための通常分解以上の分解は行なわないこと。

へ

ペイントボール インク入りの弾を撃ちあうスポーツ。日本ではスポーツ人口がまだ少ない。
ヘッケラー&コック(H&K) ドイツの銃器メーカー。特殊部隊や対テロ部隊からの信頼があつく、世界各国で制式採用されている。代表的な銃にUSPやG36、MP5などがある。
ベレッタ イタリアの銃器メーカー。創業から数百年の歴史をもち、ライフルからハンドガンまで幅広くラインナップしている。代表的な銃にM92FやPx4などがある。

ほ

放出バルブ エアソフトガンで、ガスブローバックのマガジンについている部品。発射時に開いてエアソフトガン本体にガスを放出する。
放電器 ニッカドバッテリーにつないで、バッテリー残量をなくすための機器。※ニッケル水素バッテリーには使用しないでください。
暴発 銃やエアソフトガンで、あやまって弾を発射してしまうこと。間違えてトリガーを引いてしまったり、銃を落としてしまった時などに暴発する。※暴発防止のために、発射しない時はかならずセフティをONにしてください。
保護キャップ(安全キャップ) エアソフトガンで、安全のためにマズル(銃口)の先に取り付けるキャップ。万が一BB弾を発射しても、これがあればBB弾がマズル(銃口)から飛び出さない。
ホップアップシステム エアソフトガンで、BB弾にバックスピンをかけて飛距離を伸ばす装置。「可変ホップアップシステム」は気象条件や弾の種類によってバックスピンのかかり具合を調整出来る。
ボディアーマー 防弾や防刃などを目的とした防護服。防弾チョッキのこと。
ホビー 趣味。または趣味性の高い玩具や模型。一般的な玩具(オモチャ)に比べて精巧にできており、価格も高額なものが多い。
ほふく(前進) 敵に見つからないように、地面にふせたまま移動すること。
ポリマー ABSやナイロン樹脂などのプラスチック素材のこと。金属にくらべると軽くて環境の変化に強く、生産性も高いので、現在はポリマー素材のパーツを採用する銃が増えている。
ポリマーフレーム・オート 主要な外装パーツにポリマー素材を採用しているオートマチック・ピストルのこと。グロック17の成功以来、FN5-7やPx4、XDM-40、P99など多くのポリマーフレーム・オートが登場している。
ホルスター 銃を身に着けて携帯するための入れ物。革や布、強化プラスティックでできており、各モデル専用につくられることが多い。(例:レッグホルスター、ヒップホルスターなど)
ホルスターアクション ハンドガンをホルスターから抜いて構える、またはホルスターにセットすること。
ボルト 火薬を使って弾を発射した時に発生する発射ガスを、チャンバー内に閉じ込めておくための部品。エアソフトガンでは発射ガスが発生しないため、別の機能を有していたり、ギミックとして再現しているものもある。
ボルトアクション 発射のたびにボルトを手動で動かし、1発ずつ弾を装填・排莢して発射準備を行なう作動(方式)のこと。命中精度が高いためライフルによく採用されている。
ボルトアクションエアーライフル エアソフトガンのシリーズの1つで、ボルトアクションのギミックを再現したライフルタイプの18才以上用エアコッキングガン。
ボルトハンドル ボルトを手で操作しやすくするためのレバーやハンドル。
ポンプアクション ショットガンのうち、フォアエンドを前後に動かしてコッキングと送弾、排莢を行うもの。
エアソフトガンでは、コッキングハンドルとは別のフォアグリップまたはレピーターハンドルでもコッキングできるメカニズムのことでもあり、MPLやXM177、M16A1に搭載されている。

ま

マーカー サバイバルゲームの際に、色でチームを区別するために腕にまくもの。 赤や黄色などの目立つ色が使われる。
マイクロメカBOX エアソフトガンで、電動ガン ハンドガンタイプに搭載されているメカBOX。
マウントベース 銃やエアソフトガンにスコープやドットサイトなどを取り付けるための台座。
マウントリング マウントベースやマウントレイルにスコープやドットサイトなどを取り付けるための、輪っか状の部品。スコープの胴体(チューブ)の太さに合わせたモノが必要。
マウントレイル スコープやドットサイト、フォアグリップ、フラッシュライトなどのオプションパーツを取り付けるためのレール状の台座。銃によりレールの形や長さは様々だが、幅は20mmが主流。 
マガジン 弾倉。弾を込める部分。銃本体から取り外す事が出来るものが多い。
マガジンインレット 銃本体にあるマガジンの差し込み口のこと。
マガジンキャッチ マガジン(弾倉)を銃本体に固定する部品。マガジンを本体から外す時には、外側に出ているボタンやレバーを操作する。
マガジンクリップ マガジン(弾倉)とマガジンをつなぐ部品。予備のマガジンをポーチなどにしまう必要がなく、一方のマガジンが空になったら、もう一方のマガジンにすぐ切り替えられる。
マガジンチェンジ 発射して空になったマガジンを本体から外し、弾が装填されたマガジンをセットすること。
マガジンバンパー マガジンチェンジなどでマガジンが落下してしまった場合に、落下の衝撃からマガジンを守るためのパーツ。マガジンの底についている。
マガジンポーチ 予備のマガジン(弾倉)を入れるための袋やケース。マジックテープで好きなところに装着できるタイプが多い。
マガジンウェル(マグウェル) 銃本体にあるマガジンの差し込み口のこと。手元を見なくてもマガジンチェンジができるように、差し込み口を広げているものもある。
マシンピストル フルオートが可能なピストル(または小型のサブマシンガン)のこと。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。
マズル(銃口) 銃の先端にある、弾が発射される部分。銃でもエアソフトガンでも絶対にのぞいてはいけない。またサバイバルゲーム以外では絶対に人に向けてはいけない。
マズルアクセサリー 銃口に取り付けるオプションパーツのこと。発砲音をおさえたり、発射した時に発生する炎を小さくおさえるものなどがある。(例:サイレンサー、フルオートトレーサー)
マズルコントロール 銃やエアソフトガンを手にしている時の、銃口の向きに関する安全管理のこと。移動や待機中など、発射する時以外は万が一の暴発を考えて銃口を安全な方向に向けることが大切。
マズルジャンプ 弾を発射した時に反動で銃口がはね上がること。
マズルフラッシュ 火薬で弾を発射した時に銃口から出る炎のこと。夜間に発射するとマズルフラッシュによって自分の居場所がわかってしまうため、マズルアクセサリーによって炎を小さくおさえる工夫がされる。エアソフトガンでは発射に火薬を使わないため、マズルフラッシュは発生しない。
マズルブレーキ 弾を発射した時に反動で銃口がはね上がるのをおさえる部品。発射時に発生したガスを銃口の上方向にふき出させて、はね上がろうとする銃口をおさえつける。
マズルプロテクター サイレンサーなどを取り付けるためにバレルにきざまれたネジ部をガードするパーツ。AK47などが採用している。
的(ターゲット) 銃やエアソフトガンでねらう対象のこと。

み

ミニ電動ガン エアソフトガンのシリーズの1つで、実際のサイズから小さくデフォルメした10才以上用電動ガン。低額商品ながらフルオートが楽しめる。

む

め

迷彩 まわりの風景にとけこんで発見されにくくするために、色と模様でカモフラージュすること。
迷彩服 発見されにくくするために迷彩仕様にした戦闘服のこと。作戦行動をとる地域の環境に合わせて色や模様を使い分ける。
命中精度 発射した弾が、ねらい通りに的に当たるかの正確さを表す。銃の性能をはかる基準のひとつ。東京マルイ製品のこだわりの1つ。
メカニカル3バースト機構 エアソフトガンで、電動ガン スタンダードタイプの89式小銃で採用した発射システム。フルオートとセミオートでの発射にくわえて、トリガーを引くと3発だけ連続発射するバースト射撃が可能。
メカBOX 東京マルイが開発した電動ガンの心臓部。モーターによってメカBOX内部のギアやピストンが作動し、空気を圧縮してBB弾を発射する。エアソフトガンのサイズや形状にあわせて色々なバージョンや種類がある。
メダリオン メダルや円形のプレートに浮彫り(うきぼり)をほどこしたもの。グリップなどにうめこまれている。
メッキ 金属の膜でおおう表面処理のこと。金属をサビにくくしたり、エアソフトガンではプラスチックに高級感や金属の質感を出すために行う。
メモリー効果 バッテリーの残量がまだ残っている状態からつぎ足すように充電すると、つぎ足した分しか容量として認識されなくなってしまう一時的な現象。ニッカドバッテリーで起こりやすい。リフレッシュ充電を行なうとメモリー効果が解消する。
メンテナンス 銃やエアソフトガンの性能を保つために手入れやクリーニングをすること。※モデルによってメンテナンス方法がちがうので、必ず説明書を読んで行なってください。

も

モジュラー・ウェポンシステム 銃本体にレイルを取り付けて、ドットサイトやスコープ、フラッシュライト、バイッポッドなどのオプションパーツを目的に合わせて付けかえられるようにしたシステムのこと。
モーター エアソフトガンで、電動ガンを駆動させるためのパーツ。電動機。バッテリーやメカBOXとのバランスが大切で、モデルに合わせたモーターが用意されている。
モデルガン 銃の見た目やメカニズムをできるだけ本物に似せた模型。銃口がふさいであり、弾を発射することはできない。観賞用やコレクションとして楽しむほかに、ごく少量の火薬を使って、発射の作動や発砲音を再現するものもある。

や

薬室 チャンバー。次に発射される弾が入る(装填)場所。リボルバーでは弾薬を収めるシリンダーの穴をさす。

ゆ

遊戯銃(エアソフトガン) BB弾を発射する、銃の形をした遊戯玩具(オモチャ)のこと。発射パワーが「人にほとんど傷害を与えない威力」である0.989J以下でなければならない。
有効射程距離 発射した弾が充分なパワーを維持できる距離のこと。エアソフトガンでは、ホップアップシステムによってBB弾が水平に飛ぶ距離のこと。

よ

ら

ライト・アタッチメント・モジュール(L.A.M.) エアソフトガンで、固定スライドガスガンのソーコムMk23に付属する専用アクセサリー。高輝度白色ダイオードを内蔵している。「L.A.M.」とはLight Attachment Moduleの略。
ライフル 長いバレルをもつ銃(※)。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。 ※使用する弾や目的によって様々な種類があるが、長距離で精密な射撃を行なう軍用のスナイパーライフルや、ハンティング用ライフルのことをさす場合が多い。
ライフリング 銃のバレルの内側にナナメにほったミゾのこと。弾を回転させてまっすぐ飛ばすことができる。ドラマなどで出てくる「施条痕(せんじょうこん)」は、発射した弾についたライフリングの痕のこと。
ラピッドファイヤー エアソフトガンで、トリガーを引ききったままコッキングレバーを前後に動かすとBB弾を連続で発射できるメカニズムのこと。エアーサブマシンガンのVz61スコーピオンなどに搭載されている。
ランヤード 落下による破損や暴発、紛失をふせぐために、ハンドガンと身体とをつなげておくヒモのこと。
ランヤードリング(リンク) ランヤードをつなげるためのパーツ。ハンドガンのグリップについている。

り

リアサイト 的をねらうためのパーツ(サイト)のうち、銃の後方(射手側)にあるサイトのこと。銃の前方にある「フロントサイト」と銃の後方にある「リアサイト」を合わせて使用する。
リコイルショック(反動) 発射した弾がバレル内を前進する時の反作用で生まれる力。火薬を使って発射する銃は反動がとても大きく、銃口がねらいからズレてしまう。エアソフトガンでは、次世代電動ガンやガスブローバックなどにあえて反動を生みだす機能を搭載し、本物の銃を発射しているような体験ができるようになっている。
リコイルスプリング 発射時に後退したスライドやボルトを、元の位置にもどすためのバネ。
リコイルスプリングガイド コイル状のリコイルスプリングをまっすぐのびちぢみさせるために、中に通すガイド棒。
リトラクタブル・ストック スライドさせて長さを調整できるストック。スライド・ストックともいう。
リーフ・サイト 板状のリアサイトのこと。
リベリオン 「GUN=KATA(ガン=カタ)」という今までに見た事のないガンアクションで業界に衝撃を与えた映画。東京マルイの広報課・デカ島村は、配給映画会社から唯一「ガン=カタ・マスター」としての称号を与えられた。
リボルバー 回転式のシリンダー(弾倉)を持っている銃(※)。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。 ※ハンマーの動きに連動して、次に発射する弾が発射位置にくるまでシリンダーが回転する。シリンダーの弾を発射しつくしたら薬莢を取り出さないと再装填出来ないが、構造がシンプルで故障しにくい利点がある。
リリースレバー ロックを解除するためのレバーやハンドル。
リロード 弾を発射して空になった薬莢を使って再び弾薬を作ること。マガジンに弾を込め直したり、マガジンを銃にセットしなおす「再装填」という意味で使われることもある。
リングハンマー 指をかける部分が輪の形になっているハンドガン用のハンマー。

る

れ

レイル スコープやドットサイト、フォアグリップ、フラッシュライトなどのオプションパーツを取り付けるためのレール状の台座。銃によりレールの形や長さは様々だが、幅は20mmが主流。
レイルドフレーム トリガー前方にマウントレイルが一体化した、オートマチック・ピストル用のフレーム。フラッシュライトなどを取り付ける。
レイルハンドガード マウントレイルが一体化したハンドガードのこと。R.A.S.やR.I.S.が有名。
レシーバー 発射の作動メカニズムが収まっている、銃の心臓ともいえる機関部のこと。部分的に名称を分ける場合がある。(例:アッパーレシーバー、ロアレシーバー)
レティクル スコープの中に見える、中心を指し示す線のこと。十字線や、T字線が多く、線が光るタイプもある。
レンジ 銃を発射するための場所(射撃場)や、射程(発射した弾がとどく距離)のことをさす。

ろ

ロアレシーバー 銃の機関部の下半分をさす言葉。
(BB)ローダー エアソフトガンで、BB弾をマガジンにセットする際に使う道具。
ロッキング・システム 火薬を使って弾を発射した時に発生する発射ガスを、チャンバー内に閉じ込めておくためのシステム。エアソフトガンでは発射ガスが発生しないため、ギミックとして再現しているものもある。
ロテイティング・バレル オートマチック・ピストルの作動方式の1つ。発射時にバレルが少し回転してスライドが後退する。
ロングマガジン 標準サイズのマガジンよりも長いマガジンのこと。

わ

A~E

ASGK(日本遊戯銃協同組合) 経済産業省に唯一認められている、エアソフトガン関連の組合。http://www.asgk.jp/
BB(BB弾) エアソフトガンで発射する弾。直径6mmのものが主流。重さの違うものや、自然に優しい生分解素材でできたバイオ弾、光を当てると発光する発光BB弾など種類が豊富。
B.D.U.(戦闘服) 戦闘用に作られたユニフォームのこと。「B.D.U.」とはBattle Dress Uniform(=バトル・ドレス・ユニフォーム)の略。
β(ヴェータ) ロシアのスペツナズ(特殊任務部隊)。国際テロ事件への対処を担当する。
CNC切削加工 コンピュータによる数値制御で行う切削(せっさく)加工のこと。複雑な形状も正確に、高い精度で切削することができる。
CQC 対象にさわれるほど近い距離で行われる戦闘(近接格闘)のこと。またはその戦闘術。対象との間合いはCQBよりもさらに短い。「CQC」とはClose Quarters Combat(=クロース・クォーター・コンバット)の略。
CQB 室内や市街地などで行われる、対象との間合いが短い戦闘(近接戦闘)のこと。せまい場所での行動が多いため、サブマシンガンやピストルを使用することが多い。「CQB」とはClose Quarters Battle(=クロース・クォーター・バトル)の略。

F~J

FNH(ファブリック・ナショナル・エルスタール) ベルギーの銃器メーカー。代表的な銃にSCARやP90、ファイブセブンなどがある。
H&K(ヘッケラー&コック) ドイツの銃器メーカー。特殊部隊や対テロ部隊からの信頼があつく、世界各国で制式採用されている。代表的な銃にUSPやG36、MP5などがある。
IMI(イスラエル・ミリタリー・インダストリー) イスラエルの銃器メーカー。代表的な銃にデザートイーグルやUZIなどがある。

K~O

L.A.M.(ライト・アタッチメント・モジュール) エアソフトガンで、固定スライドガスガンのソーコムMk23に付属する専用アクセサリー。高輝度白色ダイオードを内蔵している。「L.A.M.」とはLight Attachment Moduleの略。
Navy SEALs(ネイビーシールズ) アメリカ海軍に属し、陸海空を問わず高度な作戦に対応する精鋭部隊。略してSEALまたはSEALsともいう。
O.D.(オリーブドラブ) 暗いオリーブ色。森林地帯などで使われる迷彩色。

P~T

PDW 自分自身を守る為の携帯用の銃をさす(メーカーによって定義は様々)。またはその見た目やギミックを再現したエアソフトガンのこと。「PDW」とはPersonal Defense Weapon(パーソナル・ディフェンス・ウェポン)の略。
R.A.S.(レイル・アタッチメント・システム) ナイツ社が開発したレイルハンドガード。上下左右の4面にピカティニー規格のレイルが付いている。
R.I.S.(レイル・インターフェイス・システム) ナイツ社が開発したレイルハンドガード。上下左右の4面にピカティニー規格のレイルが付いている。
SAS スペシャル・エアー・サービス。イギリス陸軍の特殊部隊の名称。
SEAL(SEALs) アメリカ海軍に属し、陸海空を問わず高度な作戦に対応する精鋭部隊。Navy SEALs。略してSEALまたはSEALsともいう。
SIG SAUER(シグ・ザウエル) スイスの銃器メーカー。高価だが精度や耐久性の高さに定評があり、各国の軍や公的機関に採用されている。代表的な銃にSG552やP226などがある。
SWAT(スワット) アメリカの警察特殊部隊。警察官の手におえない凶悪犯罪などを受け持つ。建物の中での作戦が多いため、CQBにも長けている。
S&W(スミス&ウェッソン) アメリカの銃器メーカー。代表的な銃にM19やM645などがある。

U~Z

0~9

14mm逆ネジ仕様 エアソフトガンで主流となっている、バレルのマズル近くに刻まれたネジの仕様のこと。14mm逆ネジ対応のフラッシュハイダーやサイレンサーを取り付けることができる。
.357マグナム ハンドガン用のマグナム弾の1つ。コルトパイソンやM19、デザートイーグルなどが使用する。
.44マグナム ハンドガン用のマグナム弾の1つ。デザートイーグルなどが使用する。
.45ACP オートマチック・ピストル用の弾の1つ。特にアメリカで人気が高く、ガバメントやHK45、SOCOM Mk23などが使用する。
.50AE ハンドガン用のマグナム弾の1つ。デザートイーグルなどが使用する。
5.56×45mm弾 アサルトライフル用の弾の1つ。NATO加盟国を中心に採用されている。M4やSCAR-L、G36、FA-MASなどが使用する。
7.62×51mm弾 アサルトライフル用の弾の1つ。NATO加盟国を中心に採用されている。M14やSCAR-H、PSG-1、L96などが使用する。
9mmパラベラム ハンドガン用の弾の1つ。NATOの表示では9×19mm弾ともいう。M92FやP226、Px4、MP5などが使用する。
9×19mm弾 ハンドガン用の弾の1つ。M92FやP226、Px4、MP5などが使用する。