イベント・タイアップ情報

撮影などでエアソフトガンの貸し出しをご希望の方は、広報課・島村までご相談ください。 お問い合わせ先:03-3605-3312

『インファナル・アフェア』シリーズ脚本 監督:フェリックス・チョン プロジェクトグーテンベルク -贋札王- チョウ・ユンファ アーロン・クォック

『インファナル・アフェア』のフェリックス・チョンが描く、予測不能なクライムアクションサスペンス!

カリスマ性に溢れたミステリアスな男——“画家”。彼が率いるエキスパート揃いの偽札製造チームにスカウトされた“贋作の名人”レイは、最新テクノロジーの進化をあざ笑うように数々の難題を攻略しながらも、犯罪の連鎖に巻き込まれていく。

2020年2月7日(金) 新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開!

GUNS's DATABASE 登場銃器紹介

エキスパート揃いの偽札製造チームを率いる“画家”は、アメリカ政府が新たに発行する100ドル札偽造のため、前代未聞の計画を進めていく。普段は穏やかで洗練された佇まいを見せる“画家”だが、目的のために手段は選ばない。ラストシーンまで二転三転する展開の中、“画家”が引き起こす激しい銃撃戦も見所のひとつだ。

M92F Handgun (Automatic)

作中ビジュアル
参考モデル U.S. M9 PISTOL
イメージ U.S. M9 PISTOL

アメリカ軍制式採用で一躍メジャーとなったハンドガン。「M9」はM92Fのアメリカ軍採用名だ。

>> ガスブローバック 製品情報

イタリアの老舗銃器メーカーが開発した「M92」。その改良モデルである「M92F」は、1985年にアメリカ軍が「M9」の名で制式採用したことで、その性能や信頼性がお墨付きとなった。今では世界中の軍や法執行機関がサイドアームに採用している。
スライドの上面を大きくカットしてバレルの大部分が露出する斬新なスタイルは、デザイン面での評価も高い。本作をはじめ、様々な作品で「主人公の相棒」として活躍してきた人気モデルだ。

TYPE 56 ASSAULT RIFLE

作中ビジュアル
参考モデル AK47
イメージ AK47

AKシリーズの原点といえるモデル。生産性を高めた「AK47 III型」が、ソビエト軍に支給された

>> 次世代電動ガン 製品情報

作中もっとも激しい銃撃戦で登場するのが、旧ソ連製「AK47 III型」のライセンス品(またはコピー品)である中国の「TYPE 56」だ。中国、または中国からの輸出先で多くの正規軍が採用しているが、犯罪組織やテロリストにまで大量に流出してしまっている。
銃撃戦で“画家”が手にしたTYPE 56は、裏世界の大物である“将軍”の私兵から奪ったもの。おそらく“流出したTYPE 56”なのだろう。

公開情報

プロジェクトグーテンベルク -贋札王-

2020年2月7日(金)新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開

監督: フェリックス・チョン

出演:チョウ・ユンファ、アーロン・クォック

配給:東映ビデオ

© 2018 Bona Entertainment Company Limited

このページの先頭へ