トラブルシューティング 故障かな?と思ったら、まずはコチラで解決方法を探しましょう。

対応シリーズ

  • 電動RCバイク※サポート終了

製品が作動しない

次の点を確認してください。

1.バイク本体や送信機のスイッチがOFFになっていませんか?
バイク本体と送信機のスイッチをONにしてください。
2.送信機の電池は、プラス/マイナスが正しくセットされていますか?
電池のプラス/マイナスを正しくセットしてください。
3.送信機の電池は、「アルカリ電池」を使用していますか?

必ずアルカリ電池を使用してください。

※パワーの少ない「マンガン電池」では正常に動きません。

4.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
5.走行用バッテリー(バイク本体用)の充電は済んでいますか?

取扱説明書のとおりに、走行用バッテリーを充電してください。

※正しい充電、保管方法を必ず確認してください
使用方法を誤るとバッテリーが使えなくなってしまうことがあります。

※バッテリーは消耗品です
初回使用時にくらべてスピードが出ないなど、性能が低下した場合は新品に交換してください。

6.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分な電力を取り出すことができません。

7.バイク本体と走行用バッテリーのコネクター(接続部)が外れていませんか?
コネクターをしっかり繋ぎ直してください。
8.コネクター(接続部)のプラス/マイナスは正しく接続されていますか?

コネクターを正しく繋ぎ直してください。

9.送信機より先に、バイク本体の電源スイッチをONにしていませんか?
必ず送信機の電源スイッチをONにした後で、バイク本体の電源スイッチをONにしてください。
このページの先頭へ

たまに動かなくなる、誤作動をおこす

次の点を確認してください。

1.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
2.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分な電力を取り出すことができません。

3.プロポ用アンテナは送信機に正しくセットされていますか?
取扱説明書のとおりに、送信機にプロポ用アンテナを取り付けてください。
4.車体用アンテナパイプはバイク本体に正しくセットされていますか?
取扱い説明書のとおりに、バイク本体に車体アンテナパイプをセットしてください。
5.バイク本体と送信機が離れすぎていませんか?
正しく作動する位置までバイク本体に近づいてから操作してください。
6.電波状態に問題はありませんか?

場所や時間を変えて操作してみてください。

※近くで同じ周波数を使用しているなど、電波が混線していたり、操作している場所の電波状態が悪いと正常に動かない場合があります。

7.送信機のステアリングホイールを正しく使用していますか?

取扱い説明書の通りに、ステアリングホイールを利き手側に引き出して操作してください。

※ステアリングホイールが引き出されていない側からは、正しく操作できません。

8.送信機より先に、バイク本体の電源スイッチをONにしていませんか?
必ず送信機の電源スイッチをONにした後で、バイク本体の電源スイッチをONにしてください。
このページの先頭へ

走行スピードがおそくなった、動きがにぶい

次の点を確認してください。

1.送信機に「アルカリ電池」を使用していますか?

必ずアルカリ電池を使用してください。

※パワーの少ない「マンガン電池」では正常に動きません。

2.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
3.走行用バッテリー(バイク本体用)の残量は十分ですか?

残りが少ない場合は、取扱説明書のとおりに、走行用バッテリーを充電してください。

※正しい充電、保管方法を必ず確認してください
使用方法を誤るとバッテリーが使えなくなってしまうことがあります。

※バッテリーは消耗品です
初回使用時にくらべてスピードが出ないなど、性能が低下した場合は新品に交換してください。

4.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分な電力を取り出すことができません。

5.バイク本体のタイヤのホイールにゴミが絡まっていませんか?

絡まったゴミを取り除いてください。

6.走行場所に問題はありませんか?
路面が平らですべりにくい場所、土ほこりや砂、石、障害物がない広い場所で走行させてください。
このページの先頭へ

曲がらない、ライダーが動かない

次の点を確認してください。

1.送信機に「アルカリ電池」を使用していますか?

必ずアルカリ電池を使用してください。

※パワーの少ない「マンガン電池」では正常に動きません。

2.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
3.走行用バッテリー(バイク本体用)の残量は十分ですか?

残りが少ない場合は、取扱説明書のとおりに、走行用バッテリーを充電してください。

※正しい充電、保管方法を必ず確認してください
使用方法を誤るとバッテリーが使えなくなってしまうことがあります。

※バッテリーは消耗品です
初回使用時にくらべてスピードが出ないなど、性能が低下した場合は新品に交換してください。

4.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分な電力を取り出すことができません。

5.ライダーにゴミや異物がはさまっていませんか?

はさまったゴミや異物を取り除いてください。

6.走行場所に問題はありませんか?
路面が平らですべりにくい場所、土ほこりや砂、石、障害物がない広い場所で走行させてください。
7.スピードを出しすぎていませんか?
曲がる前に速度を落としてください。
このページの先頭へ

まっすぐ走らない

次の点を確認してください。

1.トリムの調整は行いましたか?
取扱い説明書のとおりに、トリムを調整してください。
2.ライダーにゴミや異物がはさまっていませんか?
はさまったゴミや異物を取り除いてください。
3.走行場所に問題はありませんか?
路面が平らですべりにくい場所、土ほこりや砂、石、障害物がない広い場所で走行させてください。
このページの先頭へ

バイクが転倒する

次の点を確認してください。

1.転倒防止用サイドバーはバイク本体に正しくセットされていますか?
取扱い説明書のとおりに、バイク本体に転倒防止サイドバーをセットしてください。
2.走行場所に問題はありませんか?
路面が平らですべりにくい場所、土ほこりや砂、石、障害物がない広い場所で走行させてください。
3.速度を落としすぎていませんか?
バイクがぐらつかず安定する速度で走行させてください。
4.ブレーキを急にかけすぎていませんか?

ブレーキは適度にかけてください。

※ブレーキを急にかけすぎると後輪がスリップしてしまいます。

5.コーナリング中にブレーキをかけていませんか?

曲がる前に速度を落としてから、ブレーキをかけずに曲がってください。

※曲がっている最中にブレーキをかけると、後輪がスリップしてしまいます。

このページの先頭へ

走行時間が短い

次の点を確認してください。

1.送信機に「アルカリ電池」を使用していますか?

必ずアルカリ電池を使用してください。

※パワーの少ない「マンガン電池」では正常に動きません。

2.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
3.走行用バッテリー(バイク本体用)の残量は十分ですか?

残りが少ない場合は、取扱説明書のとおりに、走行用バッテリーを充電してください。

※正しい充電、保管方法を必ず確認してください
使用方法を誤るとバッテリーが使えなくなってしまうことがあります。

※バッテリーは消耗品です
初回使用時にくらべてスピードが出ないなど、性能が低下した場合は新品に交換してください。

4.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分な電力を取り出すことができません。

このページの先頭へ

走行用バッテリーへの充電ができない

次の点を確認してください。

1.走行用バッテリーが充電済みではありませんか?

充電済みのバッテリーに重ねて充電しないでください。

※充電のしすぎ(過充電)は大変キケンです。

2.走行用バッテリーが冷えすぎていませんか?

バッテリーを手やポケットで常温(20℃〜30℃)まで温めてからご使用ください。

※バッテリーが冷えすぎていると、十分に充電できなくなる場合があります。

3.充電器のコネクターが抜けかかっていませんか?
充電器のコネクターを、走行用バッテリーのコネクターにしっかり接続してください。
4.コネクター(接続部)のプラス/マイナスは正しく接続されていますか?
コネクターを正しく繋ぎ直してください。
5.充電器はコンセントに繋ぎましたか?
充電器をコンセントにしっかり差し込んで、充電ランプが点灯したのを確認してください。
6.付属の充電器以外のものを使用していませんか?
充電は付属の充電器で行なってください。
このページの先頭へ

充電器のランプが点灯しない

次の点を確認してください。

1.充電器はコンセントに繋ぎましたか?
充電器をコンセントにしっかり差し込んで、充電ランプが点灯したのを確認してください。
このページの先頭へ

送信機のLEDが点灯しない、またはチラつく

次の点を確認してください。

1.送信機の電池は、プラス/マイナスが正しくセットされていますか?
電池のプラス/マイナスを正しくセットしてください。
2.送信機の電池は、「アルカリ電池」を使用していますか?

必ずアルカリ電池を使用してください。

※パワーの少ない「マンガン電池」では正常に動きません。

3.古い電池を使用したり、長時間の使用で電池が消耗していませんか?
送信機の電池を、新しい電池と交換してください。
このページの先頭へ

水にぬらしてしまった場合

ショートする可能性があります。
そのままのご使用は大変キケンですので、すぐに次の対処を行ってください。

1.ただちに使用を中止する。
2.充電中の場合はすぐに充電を止め、充電器をコンセントから外す。

  • このページの先頭へ
  • トラブルシューティングへ戻る