トラブルシューティング 故障かな?と思ったら、まずはコチラで解決方法を探しましょう。

次の点を確認してください。

1.本体のセフティ(安全装置)は解除されていますか?

セフティをOFFにしてください。

2.バレルはしっかり閉じられていますか?

取扱い注意・説明書のとおりに、「カチッ」と音がするまでバレルをしっかり閉じてください。

3.ガスタンクのガスが空、もしくは不足していませんか?

取扱い注意・説明書のとおりに、グリップ内蔵のガスタンクにガスを注入してください。

4.ガスタンク(ガスタンクケース)を温めすぎていませんか?

ガスタンクを25~30℃くらいまで冷ましてください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.グレネードにBB弾は入っていますか?

取扱い注意・説明書のとおりに、グレネードにBB弾を入れてください。

2.グレネードをセットしましたか?

取扱い注意・説明書のとおりに、グレネードを本体にセットしてください。

3.保護キャップは外しましたか?

保護キャップを外してください。

4.ガスタンク(ガスタンクケース)が冷えていませんか?

手でグリップをにぎり、ガスタンクが25~30℃くらいになるまで温めてください。

※気温や室温が低い時、ガスを注入した直後、続けて発射した後に、ガスタンクが冷えやすくなります。

※ドライヤーなどで急激に温めないでください。ガスタンクが熱くなりすぎる(40℃以上)と、製品が作動しなくなったり、破損したり、ガスタンクが破裂する恐れがあります。

5.グレネード内でBB弾が詰まっていませんか?

取扱い注意・説明書の「残弾の取り出し」のとおりに、詰まったBB弾を取り除いてください。

6.本体内部でBB弾が詰まっていませんか?

取扱い注意・説明書の「弾づまりの直し方」を試してみてください。

7.指定外のBB弾を使用していませんか?

取扱い注意・説明書で指定されているBB弾を使用してください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.ガスタンク(ガスタンクケース)が冷えていませんか?

手でグリップをにぎり、ガスタンクが25~30℃くらいになるまで温めてください。

※気温や室温が低い時、ガスを注入した直後、続けて発射した後に、ガスタンクが冷えやすくなります。

※ドライヤーなどで急激に温めないでください。ガスタンクが熱くなりすぎる(40℃以上)と、製品が作動しなくなったり、破損したり、ガスタンクが破裂する恐れがあります。

2.本体を横に倒して発射していませんか?

発射の際には、必ず本体を通常の立てた状態にしてトリガーを引いてください。

3.ガスタンクにガスが入りすぎていませんか?

BB弾の入っていないグレネードを本体にセットして、トリガーを数回引いてガスタンク内のガスを減らしてください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.本体を水平に構えたり、発射口をあまり上に向けないで発射していませんか?

取扱い注意・説明書を参考に、ねらう距離に応じて発射口を上に向ける角度を変えてください。

→近くをねらう時
発射口を上に向ける角度を小さくしてください。

→遠くをねらう時
発射口を上に向ける角度を大きくしてください。

2.本体の発射口を上に向けすぎていませんか?

発射口を上に向ける角度を小さくしてください。

※発射口を上に向ける角度がサイトを合わせられないほど大きいと、飛距離が短くなる場合があります。

3.ガスタンク(ガスタンクケース)が冷えていませんか?

手でグリップをにぎり、ガスタンクが25~30℃くらいになるまで温めてください。

※気温や室温が低い時、ガスを注入した直後、続けて発射した後に、ガスタンクが冷えやすくなります。

※ドライヤーなどで急激に温めないでください。ガスタンクが熱くなりすぎる(40℃以上)と、製品が作動しなくなったり、破損したり、ガスタンクが破裂する恐れがあります。

4.ガスタンクのガスが不足していませんか?

取扱い注意・説明書のとおりに、グリップ内蔵のガスタンクにガスを注入してください。

5.指定外のBB弾を使用していませんか?

取扱い注意・説明書で指定されているBB弾を使用してください。

6.定期的にメンテナンスをしていますか?

取扱い注意・説明書の「チャンバー内・グレネードのクリーニング」を行ってみてください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.グレネードはバレル内で定位置に収まっていますか?

取扱い注意・説明書のとおりに、グレネードをバレルにセットしてください。

※グレネードをバレルにセットしたら、グレネードの底部を指で押して、定位置に収まっていることを確認してからバレルを閉じてください。

※グレネードが定位置に収まっていない状態で無理にバレルを閉じようとすると、グレネード等が破損する恐れがあります。

2.バレル内部にBB弾や異物が入っていませんか?

発射口を上に向けて本体をかたむける等して、バレル内部のBB弾や異物を取り除いてください。

※バレル内にBB弾や異物が入っていると、グレネードがバレル内の定位置に収まりません。

※グレネードのBB弾投入口にBB弾を入れすぎてしまうと、グレネードをバレルにセットする際に多すぎたBB弾がこぼれてバレル内で詰まる場合があります。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.グレネードのBB弾投入口に入れたBB弾を、クリーニングロッドで押し込みましたか?

取扱い注意・説明書のとおりに、BB弾投入口に入れたBB弾をクリーニングロッドで押し込んでください。

※クリーニングロッドでBB弾を押し込んだ後、グレネードを逆さまにしてBB弾が落ちてこないことを確認してください。

2.グレネードのBB弾投入口にBB弾を入れすぎていませんか?

本体からグレネードを取り出し、本体やグレネードを逆さまにしてBB弾が落ちてこないことを確認してください。

※グレネードのBB弾投入口にはBB弾が3発ずつ入ります。4発以上入れてしまうと、多く入れすぎたBB弾はグレネード内に保持されず、BB弾投入口(グレネードを本体にセットした場合は発射口)から落ちてしまいます。

3.指定外のBB弾を使用していませんか?

取扱い注意・説明書で指定されているBB弾を使用してください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.指定外のBB弾を使用していませんか?

取扱い注意・説明書で指定されているBB弾を使用してください。

2.定期的にメンテナンスをしていますか?

取扱い注意・説明書の「チャンバー内・グレネードのクリーニング」を行ってみてください。

内部パーツの摩耗・破損などが考えられます。当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ

次の点を確認してください。

1.ただちに使用を中止して、本体内の水分をしっかり拭きとる。 2.そのまま数日間よく乾かして、乾いたら安全な場所で試射する。

ただちに使用を中止して、当社アフターサービス部、または製品をお買い上げいただいた販売店へご相談ください。

このページの先頭へ
  • このページの先頭へ
  • トラブルシューティングへ戻る