東京マルイ 公式アカウント

東京マルイ ソーシャルメディア・ガイドライン

このガイドラインでは、東京マルイの従業員および業務委託者がソーシャルメディア・サービスのアカウントを運用する際の振る舞いや、基本的なマナーを定めています。

  • ※東京マルイが定める各種規則は、従業員および業務委託者がネットワーク上で行う全てのデータ交信(ソーシャルメディアの利用含む)にも適用されます。
  • ※ガイドラインの内容はサービスや環境の変化に応じて予告なく変更される場合がありますので、最新の情報を把握するよう努めてください。

基本原則

誠実で良識ある言動を心がける
人と人との会話であることを理解する。他人を尊重し、健全な意見には耳を傾ける。誹謗・中傷をしない。
法令を順守する
著作権や肖像権などを侵害しない。違法性のあるコンテンツの投稿や、スパムなどの迷惑行為を行わない。
各種規則や守秘義務を守る
東京マルイおよび取引先の機密情報を投稿しない。
個人情報や公開されていない製品情報(企画・開発情報やリリース待ちの情報など)は、機密情報にあたると考える。
その他の東京マルイの内部情報とみなされる内容に言及する場合は、許可を申請すること。
ネットワーク上における言動が会社に不利益や損害を与えた場合は、投稿した本人が最終的に責任を負うこととなります。
慎重に、責任ある発言をする
投稿前に内容を見直し、誤りや誤解のない情報発信を心がける。情報には極力ソース(情報源)を明示すること。
他人を刺激する感情的な発言をしない。ミスや間違いは率直に認め、速やかに訂正してその旨を明記する。

公式アカウント運用についてのガイドライン

東京マルイの公式サービスとして登録されたアカウント( http://www.tokyo-marui.co.jp/sns/ )の各担当者は、基本原則に加え、次のガイドラインに従ってください。

発言の影響力を自覚し、価値のある投稿を心がける
担当者の言動が、東京マルイの企業イメージに繋がることを常に意識すること。
東京マルイの価値観を反映し、アカウントの主旨にそったコンテンツの投稿を心がける。
正確な情報発信を行う
担当者個人の見解と、東京マルイの正式発表・見解とを明確に区別して発言すること。
投稿するコンテンツに個人の見解が含まれる場合は、プロフィール欄や記事内に以下の免責文、または公式アカウント案内ページへのリンクを記載する。
「※発言には個人の見解が含まれており、必ずしも東京マルイの正式発表や見解を表すものではありません。」

プライベートアカウント運用についてのガイドライン

東京マルイでは、社員が個人としてソーシャルメディアに参加することを規制していません。プライベートにおいても各個人が東京マルイ社員である自覚をもち、基本原則と次のガイドラインに従った良識ある言動を期待します。

発言の影響力を自覚し、言動に責任をもつ
個人アカウントであっても、言動が東京マルイの企業イメージに繋がることを常に意識すること。
東京マルイとしての正式発表・見解では無いことを明示する
個人として非公式に登録・利用していることを明らかにするため、プロフィール欄や記事内に以下の免責分を記載する。
「※掲載内容は私個人の見解であり、所属会社の正式発表や見解を表すものではありません。」
このページの先頭へ